FC2ブログ

生パスタに再挑戦

 最近、仕事が忙しく、また過労気味でちょっとブログの記述ペースが落ちてきました。「それがどうした。」って問題ですが、ちょっと私としては気になっています。どうしょうもないですが...。

 生パスタに再挑戦です。前回はパスタマシンで2mm幅のパスタを作成して食しましたが、今回は1㎜幅のパスタ作りに挑戦です。何となく細い方が噛み応えがおいしいかも?っていう思い付きからチャレンジです。

 といってもさほどに手間がかかる訳ではありません。

 デュラムセモリナ粉と強力粉を半々で合計300g、水と生卵、さらに塩少々とオリーブオイル少々をPanasonicのホームベーカリーに投入して、スィッチを押して15分で、パスタ生地は完成です。

 土曜日の朝パスタ生地を作っておいて、冷蔵庫に入れてちょっとの間寝かせておきました。

 我が家の夜ご飯に使ったのですが、パスタマシンでパスタ生地を1mm厚までのして、さらに1mm幅でカットする為の歯をパスタマシンにセットして、後はパスタ生地を入れながらハンドルをグルグル回すだけ。

 この時、パスタ生地に充分な打ち粉(強力粉)をすることが秘訣と言えば秘訣ですが、そんなたいした技でもありません。

 出来上がったパスタは見事な細麺に仕上げられていて、ソーメンのようでした。前回と同じ300gの原材料で作っているのですが、カット幅が2mmから1mmに細くなったために、パスタの量が倍近く見えます。

 さっそく茹だった大鍋にこのパスタを入れて、茹でます。

 細麺なので、みるみる火が通ってしまい、前回は5分も要したのに今回はその半分前後の時間で火が通りました。ザルでとってお湯を切りますが、なんとなく水切りが悪い印象です。

 オリーブオイルを絡めて、嫁さんに作ってもらったミートソースを乗せて出来上がりです。

 食べてみると、麺が細すぎて歯ごたえが無く頼りない印象。ちょっと細すぎたというところでしょうか。やはりパスタには適正な細さと言うものがあり、1mm幅ではちょっと私にはあいませんでした。

 他の家族も今一なのでしょう。「今一歩。」とは言いにくいのかちゃんと食べてくれますが、ちょっと申し訳ない気分でした。

 我が家の生パスタは今後は2mm幅で決定といったところでしょうか。

 次は生パスタを作るにあたってデュラムセモリナ粉と強力粉の配合割合や品種などをちょっと工夫して、より歯応えや味のいい生パスタにするべく研究をしてみようと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR