FC2ブログ

「山岳グランフォンドin吉野」出場

 一泊二日で奈良県吉野山をスタート地点として距離200㎞弱、累積登坂高度4,000m、最大斜度22%の弩級の山岳グランフォンドに出場してきました。

 といっても私は普段はランニングのトレーニングだけしかしておらず、今年初めてロードレーサーに乗るというぶっつけ本番ですから、結果の方は辛いもです。

 しかし、ここ最近ずっとランニングのトレーニングを欠かさずかなりの距離で走りこんだお蔭で例年のタイムよりはかなり早目に走れる実感を得ました(と言っても行者還トンネルCPでタイムアウトですが。)。

 スタートから吉野山を一気に下り津風呂湖畔を緩い登りで登って行くのですが、ここらあたりで従来は息が切れ始めるところがその気配なし。そこそこ余裕を持って集団についていけています。

 さすがにロードレーサーを漕ぐ際に局所的に酷使するふくらはぎや太腿裏の筋や筋肉は悲鳴を上げていましたが、そこそこいけるやんって感じです。

 そこから宇陀方面をぐるりと回って峠を一つ越えて最初のCP。

 例年はすでにバテバテなんですが、意外に余力充分です。

 ここから伊勢街道を西にかなりの高速で下り、今日の本命の一つの足ノ郷越えの登りに入ります。ここは劇坂に次ぐ劇坂で例年はここで足がボロボロになってしまい、ダメージがきつくて以後の走りに深刻な影響を残すところなのですが、今年はやはり違いました。劇坂でも意外に足が動き続け、ピークまでが近く感じます。

 普段は林業等の作業の軽トラックしか入らない林道なので、日陰では苔むしたスリッピーな路面ですから急な登りでペダルにトルクを掛けるとタイヤが空転したり、路面に転がるこぶし大の石つぶてをさける煩わしさにもそれなりに余裕を持った対応ができていました。

 足ノ郷の下りは、これまたビックリの劇坂を下って行くのですが、崖をうねるように切ってある林道の路上には川が流れ、日陰では苔むしており、一面に落石が浮いており、なによりガードレールが無いので高速でスリップしてしまう
とそのまま数十m下へダイブするような箇所も数限りなくあってトリッキーな箇所です。

 例年は身も心もへばった状態で、それこそギリギリの注意力で駈け下って行く場所ですが、今年はかなり余裕があって例年よりは攻めた状態(といっても...ですが。)で下り続けました。結果的には2人抜き。

 途中転倒等の事故救助で現場に向かう救急車とすれ違いましたし、下の方でも救助隊員が怪我の治療中といったシチュエーソンを横目に通り過ぎました。

 このコースは抜群の体力だけではなく、安全に走り切るにはかなりの技術が要求される難コースです。

 足ノ郷を下り切って国道169号線との合流点で時計を見るといつもより1時間以上早い好タイムです。

 例年の様にここから大峰山下の五番関に抜けるコースですとCPの足切り時間11時半には結構余裕があるタイムなのですが、今回は昨年の集中豪雨による土砂崩れのよるコース変更でCPがかなり奥にある行者還トンネルですからちょっとしんどい時間帯になっていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR