FC2ブログ

「山岳グランフォンドin吉野」出場②

 足ノ郷からの下って国道163号線の合流点で、やや微妙な時間帯(自分にとっては物凄く早い到着タイムなのですが。)。

 ここから大迫ダムに向かって走り、ループ橋をひたすら登り、伯母峰トンネルまで標高差400m程度の再び大きな登りを迎えます。

 が、そろそろこの登りの途中でランニングでは鍛えようの無かったふくらはぎや太腿裏の筋肉が悲鳴を上げだし始めました。

 心拍系はまだまだ余裕があって、これからも頑張るぞという状態なのですが、足の動きがぎこちないものに...。

 辛抱して登るしかありませんが、ここにきて完全にペースダウンです。

 やはりランニングばかりでロードレーサーに待ったk乗らずにぶっつけ本番をしたツケがしっかりとでてきました。

 伯母峰トンネルを越えると一時的に下りですが、再び行者還林道に入ると延々と厳しい登りです。標高差は600m程度。登りに次ぐ登りで足は完全にいってしまっています。どうやらタイムカットの11時半までにCPに着くのも無理だという状況がはっきりしてくると、既に悲鳴を上げている足の状態もあって、劇的にペースが落ちました。

 えらいもので人間の気持ちは切れてしまうと、以後の頑張りが全く効かなくなってしまいます。面白いもんです。行者還林道のトンネルまでの後半半分の登りはもう完全にツーリングペースです。

 途中何箇所か立ち止まって景色を眺め出す始末。

 前後して登る競技者もみんな同じように完全にペースダウンしてしまっていました。

 ここらで棄権すると言っても、交通機関がありませんからスタート地点の吉野山まで自走して戻る以外に選択肢がありません。吉野山からは98㎞ほど走ってきたことになります。

 ほうほうの態でCPに到着。ボランティアスタッフに温かく迎えられながらも失格を宣告されました。

 失格者はショートカットコースで吉野山まで自走して帰るのですが、それでも距離にして46㎞ほどあります。

精神的にも切れた状態で、ノラリクラリと下山。吉野山ゴールに到着すると14時半頃でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR