FC2ブログ

「翔る合戦屋」読了

 最近、テキストや仕事関係の雑誌の類ばかりを読んでいましたから、久々にまとまった小説を読了。

 昨夜は19時過ぎに帰宅しましたので、一気に読み切ってしまいました。



 一昨日、本屋の店頭で目が合った北沢 秋著の「翔る合戦屋」。

 すでに前著の「哄う(笑う)合戦屋」「奔る(はしる)合戦屋」の二冊を読んでいましたから、本屋で「あら、続編が出た。」ってことでさっそく購入。

 こうやって本屋でブラブラ立ち読みをしている時が至福の瞬間です。



 戦国時代の信濃中央部に根を張った豪族(架空の人物)が南信から攻め上がってくる武田晴信(後の信玄)と北信で武を誇る村上義清とのバランスの中で周辺の小豪族と合従連合を繰り返して行く中で、その参謀役を務める主人公
の胸のすくような活躍を活写しているので、読んでいて爽快感があります。

 主人公周辺の人物描写が過ぎて、ちょっと興ざめの部分もありますが、爽快感を狙った読み物としてはこんな書き方になるのかなあと思います。

 ただ参謀としての戦略眼を縷々書き込んでおられましたが、まずまず読み応えもありましたし、「それそれ。」ってな感じもあって面白かったです。



 とりあえず〇
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR