FC2ブログ

朝鮮通信使の道を走ってきました

 今日は丸一日かかって伏見ランニング交流会のリーダーのHさんとAさんが主催している「ランde観光」のマラニックに参加してきました。

 参加したコース名は「友好の架け橋!朝鮮通信使の道(朝鮮人街道)」。

 JR野洲駅から彦根のちょっと東側の近江鉄道鳥居本駅までの区間を中山道の脇往還道路として使われた街道なんですが、近江八幡や安土、さらには彦根の街中をまともに通過していきますので、並行して走る中山道を走るよりはるかに興味深いルートです。

 距離は私のガーミンでは約41km。ほぼフルマラソンの距離です。

 まずJR野洲駅前に集合。今日は上記のコースをフリーランという事ですからマイペースでMAX7時間以内で走れば良いというシステムです。途中リーダーのHさんとAさんは車で先回りしてコースで迷いそうな地点で案内をしてくれたり、エイドステーションを作って飲み物や食べ物の差し入れをしてくれたりという至れり尽くせりの企画です。

 なんと今日のマラニック参加者は私と嫁さんの二人。ってことはリーダーのHさんとAさんのサービスを貸切り状態で独占という贅沢なマラニックになりました。
写真 (46)
 9時半に野洲駅を嫁さんと二人で出発。まずは野洲駅から西側に500mほど走って中山道と朝鮮人街道の分岐点の標識をパチリ。

 その後に東を向いて走り始めました。














写真 (45)
 野洲駅からしばらく市街地或いは街道筋の集落を走りますが、数kmも行かないうちに写真の様に広大な近江の農地の中を淡々と走ることに。

 街道の両脇には桜の木が並び、数週間後にはさぞや綺麗なことだろうと思いながら、畑のヒバリがけたたましく囀るのを耳にしながら走りました。

 ペースは7分半/km前後。

 嫁さんにすればそこそこ一生懸命のペースです。私にとってはさすがにかなりゆっくりペースになるのですが、今日はとにかくゆっくりと距離を踏むという事をメインテーマにしてきましたので、ペースを気にすることなく春先の陽気を楽しむことにしています。

 スタートから5㎞程走った地点で早くもリーダー達がエイドステーションを立ち上げて飲み物とおやつを提供してくれました。

 まさに大名ランニングです。

 40km超という距離に不安を感じている嫁さん(過去にマラソン大会で40㎞超は3回ほど走っています。)にとっては、荷物も伴走してくれる車に積んでもらえて、途中の食べ物や飲み物まで背負わなくても済み、尚且つしんどくなったらいつでもリタイアで伴走車に収容されるという安心感は大きかったと思います。
写真 (44)
 スタートから11㎞程走って近江八幡の伝統的建築物郡地区に。

 この辺りは観光客がいっぱいでした。

 この朝鮮人街道より1~2本程北側には有名な八幡掘や日牟礼八幡宮があるのですが、今日はコースを外してわざわざランニングの距離を加算する勇気もなく、コース上の歴史的建築物のみを見学することにしました。

 街道沿いの前後左右に和風の伝統的建築物と洋風のものが入り乱れて建っています。建築年次の違いでこうなったのでしょうが、何とも言えない風情があります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR