FC2ブログ

太郎坊宮へ行ってきました

 日曜日の午前中は、嫁さんと次女の3名で下宿探しで滋賀県へ。通って通えない距離でもないのですが、片道2時間前後というのは首都圏ならともかく関西ではちょっともったいない通学時間です。

 当初の3ヶ月は辛抱して通っていましたが、ついに下宿をすることに。



 地元の不動産屋さんに飛び込んで下宿を手際良く紹介してもらい、3軒ほど物件を見学して昼過ぎには決定。

 しかし今頃の学生用の下宿ってレベルが高いです。っていうか昔が酷過ぎたというのか...。



 13時過ぎから時間がポッカリと空いたので、以前から一度行ってみたかった太郎坊宮(正式名称は阿賀神社)へドライブに行くことに。

 最近はパワースポットだということでその手の書籍にも登場していて有名になってるみたいです。



 場所も分からなかったのですが、近頃の形態は便利になりました。インターネットと地図を利用するとたちどころに場所も分かり、迷うことなく現地に到着。凄い時代です。

 車で麓を走っていると、とにかく太郎坊宮のある赤紙山が岩肌をさらして蒲生野に峻立している姿自体がすでに神々してくって、昔の人があの山を拝もうと素直に思った気持ちが自然と理解できます。

太郎坊宮参集殿(ダウンサイズ)
 車で赤神山の中腹まで登っていく事が出来ます。

 駐車場から見た参集殿。山の中腹に建つ巨大な建物です。何だかあまりに大きくて見る者が圧倒されます。

 ここから急な階段(何せ山が急斜面なもので)を740段ほど登ると見たかった夫婦岩。


夫婦岩
 どうですか。これが夫婦岩です。

 物凄い急斜面に高さ数十mの二つの岩が幅80cm、長さ12mほどの長さでパックリと割けています。

 この間を通ってしか本殿には行けません。

 何と悪心ある者は岩に挟まれるそうです。確かにそんな感じがする厳かな場所です。

 この何とも言えない劇的な地形が、まさにパワースポットとして人気を呼んでいるんでしょう。この非日常的な光景は何とも言えないものがあります。
本殿側から見る夫婦岩(ダウンサイズ)
 岩を通り過ぎて、もう一枚パチリ。

 何せ迫力があります。神仏がおられるならば、まさにこんな場所におられるんだろうなあと昔の人が考えたのもしかりです。昔の人より信仰心が弱くなっていそうな現代人をもってしても神仏の気配を感じる場所ではあります。

 本殿から東近江市の平野部の眺めが最高です。

 いい場所です。

 この阿賀神社は、全国各地から信者さんの尊敬を集めているのでしょうが、神域全体が綺麗に手入れされており、本当にいい神社さんです。

 家族3人、いい場所に来たなあという感想を胸に、ほど近くにある近江八幡市の「たねや」本店に寄ってお茶を楽しみ、お土産を買って自宅に戻りました。

 何でもない日常の中で、ちょっと非日常的な景色に出会ったひとときでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR