FC2ブログ

マウイマラソン本番

 今日はマウイマラソン本番を走ってきました。

 とにかく暑かった!

 4時間ちょっとのイメージで走ったのですが、途中から風が凪いでしまい、太陽の強烈な熱照にさらされて完全に脚が止まってしまいました。

 どうして5時半スタートなのか、走ってみて意味が良く分かりました。



 今朝は2時半に起床をして、軽食を食べてマラソンの準備をして、3時半にツアーの送迎バスに乗るべく集合。スタート地点に4時半前に到着して、スタートに備えました。

 まだ辺りは完全に暗闇です。

 参加者の数も思ったよりも少なくて1,000人程度じゃないかなあと思います(正確な参加者数が現時点では分かりません。)。完全にマウイ島のローカルなマラソン大会にイメージです。まあ、大阪マラソンや京都マラソンみたいにコース上が大混雑するよりは走り易さという点でマシです。

出だしの10㎞弱は緩い上り。適当に風が吹いているときはそこそこなんですが、場所によっては風がバッタリと凪ぎの状態になり物凄く暑い。まだ日の出を迎えておらず日射が無いのが幸いなのですが...。

 10㎞を過ぎてコースが東海岸にぶち当たる15㎞地点のマアラエア港(一昨日クルージングに行った際に利用した所です。)までは下り基調。

 そこから20km地点までは海岸沿いの道を上り下りするこのコースのハイライト部分です。

 が、私は快調に走り続けて20km通過タイムが1時間53分ですから、このままのペースを維持していけば(あとはずっとフラットなコースです。)4時間切りも夢じゃないなんて感じでしたが、そうは問屋が卸しません。

 20㎞を通過してしばらくしたぐらいから本格的にお陽さんがギラギラと照りだしてあっという間に日射と気温で体力が奪われる状況になりました。

 それでも辛抱して走っていたのですが、私の前後のランナーも軒並み歩き出したのを見て、25㎞地点でついに歩き始めてしまいました。確かに脚もある程度消耗していたのは事実ですが、そんなことより暑くて、暑くて...。

 私が歩き出したのとほぼ期を同じくしてSさんが「野垣さ~ん。」と元気な声をかけて嬉しそうに抜いていきました。本当に軽そうな走り方です。私もついていこうと思ったのですが全然体が言う事を聞きません。暑いのは同じなのにどうして?

 その後は何とか歩かないようにだけは心掛けましたが、全くペースが上がらず苦しいランニングです。

 35㎞前後はラハイナの街の中を走らせるコースなのですが、全く精彩なし。ただ私の前後のランナーもほとんどが歩いているのか走っているのか分からないような走り方をしていました。

 だいたい常夏の島「ハワイ」でマラソンなんて誰が考えたんじゃ!なんて文句も頭の中をグルグル回ります。そうです。マウイ島はリゾートで有名なんですから、朝から何もせずにビーチに寝転がってウダウダというのが合ってる筈。こんなマラソンなんてことにシコシコと励むなんて邪道ですよね。ここで走って初めて気が付きました。景色は最高なんですが、なんでも適材適所ってもんがあります。

 そんな文句を考えながらも35㎞からゴールまでの区間はさすがに暑さに体も慣れてきたのかスピードがかなり回復してきて、前を歩く若しくはトロトロと走るランナーを多数キャッチアップ。さすがにこういうごぼう抜き状態というのは気持ちのいいもんです。

 ゴールタイムは4時間33分。

 だいたい私のイメージより20~30分遅れで到着です。

 私を抜き去って行ったSさんは4時間ちょっと。これまた20~30分遅れって感じのタイムでした。

 また、Sさんの奥さんやうちの嫁さんも申し合わせたように目標タイムから20~30分遅れになってました。これはもう暑さのせいでしょ。

 あ、それからうちの長女ですが、全くランニングのトレーニングをせずにぶっつけ本番で出場したのですが、嫁さんより遅れること数分でした。昨秋の大阪マラソンに私と一緒に出場してあやうく抜かれそうなタイム(4時間15分程度だったと思います。私と10分差でした。)を記録しましたが、今回はそれより遅れること1時間半ちょっと。

 やっぱりいくら若いと言っても、マラソンはぶっつけ本番が効くほど甘いもんじゃないことも立証されました。



 マウイマラソンは思いの外小さな規模で開催されていましたが、大会を支えるボランティアの熱心な応援はありがたいもんでした。日本人と違って陽気な彼らはこういう応援するという表現は上手です。何という事はないのですが、明るい笑顔で恥ずかしがらずに一生懸命に応援をしてくれる姿が印象に残っています。日本人の一番苦手なところですよね(最近は徐々にマシになってますが。ちなみに私は大の苦手です。)。

 でも暑さだけは用心してかからないとえらいことになりますよ。衷心まで
 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR