FC2ブログ

ハワイ最後の夜は日本食

ワイキキ パフォーマンス
 いよいよ本日はハワイ最後の夜です。

 楽しかった旅行もここまで。

写真は居酒屋に向かう道すがらでストリートパフォーマンスをしていたのでパチリと撮ってみました。前のコイン入れにキャッシュを入れると作動音(口で出している)を出しながらロボットが動き出すのですが、まだ動き方に多少人間っぽさが残っており修行が足らんなあって感じでしたが、アメリカ人の子供には大ウケでした。

 昨夜は日本料理を食べようということで鉄板焼きの店に行きましたが、今晩は居酒屋へ。店名は「踊り子」。なんかちょっと違う感じの名前ですが、海外ではこんな名前が日本を連想させるのでしょうか。

 やっぱり日本人に会うのは日本食。怪しげな日本食も多いのですが、「踊り子」はほぼ満足。多少は?って部分もありますが、充分に満足水準です。毎日、毎日ハンバーガーやステーキを食べてきましたから、こういうさっぱり系で少量のおかずを色々と食べられるシステムは本当に嬉しいもんです。

 私たちのテーブルに着いたウェイターはハワイ大学の学生で、ハワイ生まれのベトナム系2世でした。日本語も流暢で、一生懸命に我々をもてなそうと気を配ってくれて、本当にいい男の子でした。柔らかい口調なんですが、仕事というものにハングリーに向き合っている感じがして、こんな風な若者は日本で見なくなったなあと思いました。うちの事務所で採用したいような好男子です。

 親と同居しているようでしたが、学費は自分で稼いでいるらしく授業との両立が大変みたいでしたが、思わず「頑張れよ。」と声掛けしました。

 うちの娘二人も大学生ですがそんなハングリーさとは無縁です(それ自体は別に悪いと思いませんが。)から、彼との話で何か感じ取ってくれないかなあと親心的には思っていました。

 私も職人の親父の下で結構ハングリーに育ってきた(経歴を見るとあまり感じられませんが。)ので、仕事をしている時の目線や動きを見ていて相通じるものを感じました。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR