FC2ブログ

万年筆

 このブログで以前、シェーファーの気に入っていた万年筆を無くしたので、一生懸命に同型を探して買った。しかも生産中止になると二度と手に入らないかもなんてことを気にして二本まとめて買った(と言っても一本10,500円ですから、そんな高級品でもありませんし、出費も大した事ではありませんでした。)という話を書きました。

 その時に店頭で「ペン先の太さはいかが致しますか?」と聞かれたので、初めて万年筆のペン先にも色々とある事を知り、ちょっとばかりその場でレクチャーを受けて興味津々の状態になっていました。

 結局二本買うので、一本は従前と同じ細いペン先で「F」を選択。

 もう一本については同じものにするのが当初の買い物の意図だったのですが、ペン先の太さをいろいろとトライしてみたい誘惑に勝てず署名用という事で「B」をリクエストしました。

 残念ながら後日、このモデルはBのペン先は無いという連絡を貰ったので「M」になりました(「F」と「M」の中間サイズです。)が...。



 先ほど大阪市内に雑誌の取材で出かけたついでに注文の2本目の万年筆を取りに行って来て、今まさにワクワク感いっぱいで、ペン先の太さで書き味や文字の見え方に差が出るのか?という疑問に応えるべく書き比べをしてみました。

 結果的には両者に言うほどの違いは感じられず。何となく残念って感じです。

 「M」の方がちょっと太めの線になっているはずですが、いくらじっとその線を眺めていても言われればそんな気がする程度で...。

 私みたいに雑に文字を書き連ねていくタイプでは両者の微妙な味を感じ取る事は難しいようで...。

 こういった微妙な差について論じれると、何となく高尚な感じがして格好良いのですが。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR