FC2ブログ

大会顛末②

 大会から一夜明けてバイクの回収と公式記録集と完走証をもらいに宮古島市総合体育館に出向きました。

 まさに宴の後といった気怠い感じが漂っていましたが、それでも「よう頑張ったなあ。」ってな感じの高揚感も漂っているような不思議な雰囲気でした。



 写真を売っていましたので一枚1,500円也のそれを3枚購入。

 昨年はバイクのシリアスなシーンでなんだかクマのプーさんが好物のハチミツの食べ過ぎで虫歯が痛いってな雰囲気で写っていたり、欄の折り返し地点でこれまたクマのプーさんがボンヤリとたたずんでいる風に写ったりして、競技の緊迫感を台無しにしてしまうような緊張感の無さいっぱいの残念写真でしたが、今年は体の丸みもとれて少なくとも誰が見てもクマのプーさん風には見えないのが〇です。

 まあ体の大きいオッサンが何かしてるなあってな具合に写っています。どうして競技の緊張感いっぱいのいい写真にならないのか不思議ですが、これは被写体の問題もあるので仕方がないのでしょうか?

 残念!



 ロングのトライアスロン競技は一つ一つの競技距離が長く、それが3種目も組み合わされることで非常に複雑な作戦運用を必要とする競技だと思います。

 特に私の様に肉体的な旬の時期など20~30年前に通り過ぎてしまっているオッサンにとっては、体力的な余裕で全ての問題を押し切っていくようなパワーマネージメントが通用する筈もありません。

 また練習や事前準備にしても、仕事との兼ね合いの中でどうしても無理して消化しているので行き届かないところだらけで、ぶっつけ本番や想定外の状況なんてことはいとも簡単に発生してきます。

 何だかそういった事象の一つ一つと向き合って、オロオロしながら克服していく過程はさながらミニ院生航路です。自信がないけどやらなきゃならない。思っていたよりかなりひどい状況なんてことが日常茶飯事的に起こってきて、それをその場で「勘」と「経験」と「努力」、いや「度胸」かも...で乗り切っていくのですから、辛いけど楽しい。

 今回のレースでも、基本的なパフォーマンスが低いという事実認識や、いろいろな失敗や想定外の状況が起こりました。でも、評論家の様に座してあれこれと詮の無いコメントを繰り返しているのではなく、賛否両論ある中でもとにかくトライをして、とにかく完走したっていう事実が貴重なのだと思っています。


 また一週間ほどしたら、次のレースに向けて仕事の合間を縫ってトレーニングを再開したいと思っています。多分、次から次に仕事が割り込んで来て思うような練習ができる訳でもないでしょうが、本業は税理士・公認会計士ですからそれはそれ。如何ともし難いことです。というよりそれくらい仕事のリクエストがかかるという事は幸せなこと。喜んでその不完全さと付き合って、ポジティブにこの競技に取り組んでいきたいなあと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR