FC2ブログ

租税判例研究会

 TKC全国会に入会した18年前頃はマメに顔を出して、自分なりに一生懸命に勉強していた租税判例研究会。

 税務調査の結果、納税者側と課税庁側の見解が対立して最終的に裁判で決着を見た事例を研究して、課税庁側の租税解釈を理解して自らの仕事がよりスムーズに進むように勉強しましょうよと言う勉強会なのですが、税務の実務を知るためにいろいろと勉強しました。



 が、入会してあれこれとTKC近畿大阪会や全国会のいろいろな役職を頂き、そういった会務が忙しくなるにつれて足が遠のいていたのですが、これじゃあいけないとばかりに昨日参加してきました。

 もちろん当日の研究会だけ参加して話を聴くだけというのも他力本願に過ぎるので、しっかりと読みにくいテーマとなる租税判例文を読み込んで自分なりの見解を作る予習をして...。御蔭さんで前日の夜は日付が変わるまで勉強してました。

 久々の参加でしたが、自分なりの見解をしっかりと築いた上で他の人の見解を聴いていると、その人なりの視点や自分で気付かなかった想いなどに気付けて面白かったです。

 決してこれを勉強したからと言って即効性のあるものでもありませんが、コツコツとこういった地味な勉強を積み重ねるということは専門家としての見識に厚みを増す行為だと思いますので、これを機会にまたマメにこの研究会が取り上げる以外の判例も収集して研究してみようと密かに決意しました。



 またちょと新鮮だったのですが、税理士開業当初に必死でこういった判例を読んでいた頃の自分とちょっとブランクを開けて今回判例を読んだ自分を比べてみるとはるかに余裕があって、いろいろな視点に気付きながら勉強を進めていることに気付きました。やっぱり歳月の積み重ねというものは恐ろしいもので、ジワジワと専門能力というものは積み上がって行っているものだと思い、ちょっと嬉しい気分も味わいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR