FC2ブログ

電話が目茶目茶

 朝からいろいろなお客さんから電話がいっぱいかかってきました。

 まだ手を付けれていないお客さんの仕事について、やっぱり年内に何とかしたいという思いなんでしょうが、問い合わせが2件ほどかかってきて慌てました。

 それ以外にも新規のお客さんからの質問や、提携業者の方々の年末の挨拶が続きてんやわんやです。



 昼からは既存のお客さんから紹介された新規のお客さんの所へ訪問。

 紹介してくれた社長さんもわざわざ同行して頂き、うちとの契約が決まるまで横についてきっちりとサポートをして頂けて、ありがたい限りです。

 「この先生はなあ、値段はそこそこ取るけど、きっちりと毎月来て真面目にいろいろと面倒見てくれるからつべこべ言わんと決めとき。」って感じの話をして貰えて、本当に強力なサポートでした。 

 これだけ背中を押して頂けるとありがたいのは山々なんですが、期待を裏切るような事になった場合が怖ろしいと思います。思わずシャンと背筋が通るというのか...(普段、ダラリとしていますから、余計に落差があります。)。



 連日の新規顧客との面談ですが、気になる事が一つ。そのいずれのお客さんも前任の税理士さんがTKC全国会所属の方だって事。別にTKC全国会に所属しているからいいサービスを提供しているという事は絶対にないのですが、ここ2~3件立て続けですから、何となく仲間内の土俵を荒らしているような気がして後味の悪い感じがします。

 いずれも当事者のお客さんにその仕事の内容を聞いてみると、月次巡回監査をしっかりと実施しておらず、予算管理の指導や税理士法第33条の2の書面添付なんて事にも取り組んでおらず、資金繰りなどの相談にも応じておられなかったようで、いわゆるTKC全国会が提唱している標準業務を真面目にこなしていないという共通点がありました。

 お客さんが不満を感じて、知り合いの社長たちに「誰か良い税理士を知らないか?」と声を掛けた結果が流れ流れた結果なんで、私は粛々と新規の顧問契約をしていけば良いのですが、きっちりとTKCのビジネスモデルを順守しておればこうはなるまいに...なんて事を思ったりします。

 これからの税理士業界を考えると、人口オーナスの局面において自分の事務所のお客さんが増えるという事は、他の事務所のお客さんを削り取るって事になる局面が増えてくるのだと思います。いわゆるゼロサム状態なんですが...。そうなると税理士業界の中で安かろう悪かろうのサービスをする事務所から、しっかりと高品質のサービスをする事務所へ顧客の移動が今まで以上に起こるんではないのだろうかと思います。

 そんな事になってもいつまでも選ばれ続ける会計事務所であり続けなければなあと強く思う次第です。まあ、そのためにも根気よく努力を欠かさないってことが大切。当たり前のことを当たり前にやり続ける事が事業継続の秘訣なんだと思います。



 夕方に事務所に戻ってきて、昨夜の寝不足がたたって30分ほど昼寝。

 19時頃に幼馴染が年末の挨拶に訪ねてきたので、応接室で小一時間談笑。4歳の頃からの友達で、高校時代はアメリカンフットボール部のチームメイトですから、気が置けない話ができてありがたいもんです。



 何だか次から次へと電話がかかってきて、仕事の差し込みが入ってきててんてこ舞いでした。この分では私の仕事は事務所の仕事納め(明日です。)で切り上がる事は全く無理な事で、どうやら大晦日くらいまでアタフタと頑張る事になりそうです。


 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR