FC2ブログ

リクルート

 最近、事務所を長年支えてくれたベテランスタッフが独立をする事になりました。

 半月くらい前に申し出を受けた時は、一瞬「ウッ。」と息が詰まりそうになりましたが、そこは頑張って笑顔で話を聴いて基本的に彼の希望に沿う形で応じる話をしました。まだ詳細の部分は詰めていませんが、しっかりと考えてなるべく彼がスムーズな形で新しい自分の事務所を構えて事業スタートができるようにできる範囲のサポートはしてあげないといかんと思っています。

 確かに事務所の人繰りという意味では痛いのですが、辛い税理士試験を勉強する上で将来の独立を夢に描いて頑張るというのは自分自身がそうだっただけに理解ができます。まして長年に渡って貢献をしてくれているので、それに竿を指してはならないと思っています。



 また、ここ1~2年、凄い勢いでお客さんが増えていますので、これに対応していくためにもスタッフの独立の穴埋めと合わせて積極的にリクルート活動を展開しています。

 幸い、私たちの事務所の眼鏡にかなう候補者も複数名見つかって、何とかかんとか独立するスタッフの穴と増えるお客さんへの対処ができそうな状況まで漕ぎ着けてきました。ありがたい事です。一時はなかなか候補者自体も見つからず、本当にちゃんと人繰りが回っていくのか心配でならない時期もありましたが、ようやく目途が立って来て胸を撫で下ろしています。

 ただ、ここ最近こうして人材の募集をしていて感じるのですが、応募してくる人を見ていると40~50歳代の方に優秀な人が多く、30歳前後から下の年齢層でなかなかいい感触が得られないのが困ったものです。確かに40~50歳代の方は社会人として経験をしっかり積んで来られたという事で、その時点で見れば経験年次の少ない30歳前後から下の年齢層の方より評価が高いというのは分かるのですが、そういったものを超えて「最近の若者はもうちょっと元気を出して頂戴よ。」と言いたいところです。

 もちろん若い人の全部が全部、悪い訳ではありませんし、年配の人の全てが良い訳ではないので、年代層別に簡単に切り分けて論じる愚は分かっているつもりですが、面接をしていてどうにもこうにもこの違和感が払拭し切れずに困っています。

 うちの事務所としては、もちろん年配の方で即戦力的に動ける人も大歓迎ですが、長い目で見て今後の事務所を支えてくれる若年層もバランス良く採用していかねばならないのは百も承知の事。いろいろと現時点で能力の足りない点があることは認めるにしても、将来の成長可能性、もっと簡単に行ってしまえば元気、エネルギーを感じさせてくれる若年層の応募者が門を叩いてくれることを強く願っています。



 それにしてもスムーズなリクルートを展開していく事は事務所にとって最重要テーマの一つですが、ここ数ヶ月のリクルート活動の中で本当にいろいろと苦労もしましたし、新たに勉強もさせてもらいました。ようやく今回のリクルートの目途が立つまであと一息。長くて半月くらいの時間がかかりそうですが、最後まで集中力を切らさず頑張って、採用する側も採用される側も満足だという最高の結果になるように務め上げたいと思っています。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR