FC2ブログ

TKCのニューメンバーズの集まり

 昨夜はTKC近畿大阪会のニューメンバーズの人を対象とした事務所経営セミナーがあり、もうとっくの昔にニューメンバーズを卒業して既に苔が生えかけている私ではありますが、参加してきました。さすがにTKC近畿大阪会入会後18年目ですから、あんまり若い人の場の雰囲気を乱すのもどうかなと思って、会場の隅で大人しくしていましたが。

 資産税畑で有名なT税理士の事務所経営についてのセミナーだったもので、一度は聴いてみたいなあと思っていた事もあって...。

 まあとにかくヴァイタリティーの塊のような人で、私なんぞはとてもとてもその域までは...って感じです。いろいろと勉強させてもらったのですが、一番印象に残った一言は「事務所も4人前後でやっていた時が一番楽しかった。それを超えて組織という体になってからは何事も運営が難しくなって...」ってところ。

 「そうやねえ。仰る通りやねえ。」って感じです。

 先生はそんな難しさも物ともせずに、なんとか解決して頑張っておられますが、我が事務所でも現在奮闘中。

 そうやねえ。4人前後の時は何をやるにしても、まず自分が頑張ればどうにかなったし、やったらやっただけ成果に繋がるようなダイレクト感があって楽しかったよなあ。まさに怖いもの知らずって感じ。

 それにひきかえ事務所規模が上がってくると、自分だけの頑張りだけではどうにもならず、事務所のスタッフの意識の総和で仕事の良し悪しが大きな影響を受けるようなところがあるので、本当に難しいなあと思います。頑張れば頑張るだけというダイレクト感が薄まり、スタッフを通じてお客さんと係る局面が圧倒的に増えますから、まずスタッフの意識が上がっている事が重要です。何も悪い事ばかりではありません(良い事や有利な事も多いから経営規模を上げようという動機も湧いてくるのですが。)が、やっぱり個人的経営の規模から組織的経営の規模にボリュームアップしていく段階で出てくる悩みっていうのは、全て自分がこれまで生きてきた過程で磨いてきた人間としてのスケール感の大小に寄与するところが多いので、そうそう簡単に一つの事を直したら即全部がスムーズになりますというような類の物でもなく...。

 かと言って自分にとって居心地の良い経営規模に留まり続けるというのも、自分の生き方としては違う気がする(人それぞれの判断だと思いますが。)しなあ...。

 まあ、そうやって人はその都度、その都度、自分の体の大きさにピッタリと来る器を捜し歩いて、着替えては首を傾げるヤドカリみたいな感じで、人生を確かめながら歩いていくものなのかもしれません。



 時間が無くて、池田の事務所から江坂の会場まで車で慌てて行ったもので、懇親会でアルコールが飲めず烏龍茶を何倍もお代わりしながら、会場の片隅でぼんやりとそんな事を考えておりました。

 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まさか、、

野垣先生
資産税ではそうだったかも知れませんが、先生の事務所の完成形に近い取り組みは、多くの会員先生に目指して頂きたい方向だと思っています。
多くの悩める若者(ではなくベテラン)を導いて下さいね。(^-^)v♪

No title

そんな持ち上げてもらうと、こそばゆいです。

ありがたいコメント、感謝します。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR