FC2ブログ

年寄りの冷や水 右膝に激痛

 今朝もランニング。

 いつもの箕面周回特大コース 12㎞。前半はゆっくりと5分50秒前後で走って、後半が5分20秒前後までペースアップ。

 重い体を引きづりながら、それでも淡々とランニングをしていたんですが、ランニング終了地点の手前500mほどを4分45秒/㎞くらいまでペースを上げて走っていると、ラスト10mほどの地点で右膝を激痛が襲いました。電気ショックのような激しさの痛みです。あまりに痛くてその場で一歩も動けず棒立ち状態。

 走り始めから既に右膝に違和感があったのですが、「これだけ体重が増えているんだから負担が膝に行ってるんだろう。仕方ないわなあ。」となるべく気にしないようにして走っていたんですが、それが一気に爆発したようです。

 その後、自宅までは右足が思うように動かず、完全に引き摺って帰りました。



 その昔、アメリカンフットボールをしていた時に、打撲や打ち身で体の一部にダメージを負ってうまく動かなくなっても決して練習を止めさせてもらえず、指の骨折程度なら練習を休む理由にならず...。夏合宿で、今で言う熱中症でバタバタと選手が倒れても、「お前ら根性ないんか!」と一喝されて、倒れたくても意識のある内は倒れる事を許してもらえず(今だったら新聞報道に出ると思います。毎年関西地区では誰かが亡くなっていました。多分、今で言う熱中症だったんでしょう。)なんて事を経験しています。

 私もこんな練習で相当なダメージを体のあっちこっちに負いはしたのですが、致命的なケガや意識を失うような状況は一回も経験できず、骨折クラスの大怪我や意識を失ったりして救急車で運ばれていく同僚を、練習から逃れられて羨ましいなあとでもいうような眼で眺めていたような体験でしたから、体の一部が痛むとか、体調が悪い場合でも、本能的に頑張り続けてしまう癖がついています。これはもう本能のレベルで刷り込まれているような気がします。

 痛くても動かしている内に治るんや(何の根拠もありませんが。)と監督やコーチに言われてしまうと、選手としてはそれを信じ込むしか他に選択肢も無く...。だいたい痛いとかしんどいという言葉を監督やコーチの前で発する恐怖の方が何倍も強くて...。

 もちろん、物事に取り組むときに体が痛いとか体調が悪いとか言ってたら話にならないので、こういったスパルタ式の練習が悪いとも思いません。節度さへ守れればなんですが。そして、それを一緒に潜って来たチームメイトには言葉なんて何もいらない信頼関係が宿るのもまた事実です。御互いに無口な奴が多いのですが、最後まで残ったメンバーは、それはそれは我慢強い奴ばっかり(決して今、ウケるタイプじゃないですが。)。

 ランボーの映画で痛みの感覚をそらして自分で自分の痛んだ体を切ったり縫ったりして治療するシーンがありましたが、それを見て当時のチームメイトが「それ分かる。分かる。」と頷いていました。まあ、そこまでの体験だったのかどうか客観的には評価しようがありませんが、近い感覚はあったと思われます。

 学校卒業後も、ずっとその癖が抜けず、無茶に無茶を重ねても生来頑強な体に物を言わせて致命的な結果を招かず、「無事これ名馬」を地で行くような人生を送ってきました。



 でも、今朝の痛みにはビックリです。思わず悲鳴を上げそうなくらいの痛み! 

 こうして事務所で仕事をしていてもジンジンと痛みます。まともに歩けない。なんとか意識を誤魔化しながら歩こうとするのですが、物理的に上手く動かない。

 これはちょっと困った事になりました。
 
 とりあえず冷湿布をしてるんですが、ズキン、ズキンと痛みが響いています(何だか冷湿布じゃあ間に合わないような気が...。)。

 明日の朝までに何とか直っていればいいのですがねえ(治ってなかったらランニングが休めると思う気持ちもあるんですが。)。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR