FC2ブログ

細川地区から伏尾台を経由して長尾道を走り抜けるちょっとレアなコース取りのマラニック

 10時過ぎからマラニックに出発。

 自宅の近所のコンビニで飲み物や軽食を買い込んで、細川方面を走り回り、伏尾台に登ってそのまま伏尾のゴルフ場を突っ切って長尾道を走ってときわ台に至るアップダウンの激しい緑いっぱいのマラニックコースへ向かいます。

 長尾道は一般のハイキング雑誌には一切取り上げられておらず、かなりレアな道です。伏尾のゴルフ場から尾根通しにずっと北上して妙見さんへ至るかつての幹線道ですが、今ではほとんど歩く人が無く忘れ去られた道になっています。

 五月山公園の動物園脇から国道176号線に細い道で下り、そのまま細川の農村地帯を五月山の山沿いをウネウネとしたコース取りで走る。緑いっぱいのコースで、気分良し。

 東山の集落からは山裾をかなり登って植木畑の中を走る。かなり脚に来るきつい登りだけど辛抱。辛抱。

 一旦伏尾の低地に下りて、対岸の伏尾台まで登り返す。結構きつい。

 伏尾台の落ち着いた街並みを走り抜けて、伏尾のゴルフ場を突っ切って(何だか入ったらいけない雰囲気なんですが、長尾道を行くハイカーは通行可なんです。)、いよいよ長尾道に入る。

 大半が舗装路なんだけれども落ち葉が厚く堆積していてフカフカで走り易い。とうとうこの道の最初から最後まで誰にも会わず。静かな事この上なし。

 尾根上を行く道なんだけれども両側から木が覆い被さっており、見晴らしは思ったほど良くないのが玉に疵。ただ心地良い風が吹き抜けて気分良し。

 黙々と走っていると突然東ときわ台の街に飛び出す。今まで人っ子一人いない閑寂な雰囲気だったのですが、突然普通の住宅街に飛び出すものでちょっと変な感じ。

 そのままときわ台から山を下って能勢電の平野駅まで走って、距離は19.2㎞。アップダウンが結構あって脚にダメージが来るコースですが、自宅から出発してほどほどの距離を走り込むにはいいコースを見つけました。コースのメイン部分では誰にも会わないというのがポイント高し。

 平野駅からは能勢電に揺られて池田駅までアッという間に到着。さすが文明の利器という感じでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR