FC2ブログ

いよいよ今日の昼から出発 村岡ウルトラマラソン

 いよいよ今日の昼から村岡ウルトラマラソンへ出発です。

 このfacebookでも再三、心配だと書いてきた100kmのウルトラマラソンです。普通のウルトラマラソンと違うのは登りの総高低差が2,550mになる、もはや登山の領域に入る登りの凄さです。登りばかりに目が行きますが、同じ地点に戻ってくるという事は下りも2,550mを下るという事ですから、下りでガンガンと飛ばすとその激しい着地衝撃で脚が壊れます。昨年は14時間制限の大会で何とか13時間半を切るタイムでゴールまで戻って来たんですが、最後の10㎞で完全に脚が壊れてしまい、走るに走れない状態でした。

 これだけ脚を酷使する大会ですから、普段の地道な走り込みが無いと通用しない、誤魔化しの類が一切効かない大会なんだと思うのですが、今回はその点で言えば全く駄目駄目。辛いところです。



 今朝、じっくりと100kmのコース図を見ながら昨年のレースペースを振り返りながら、今年のレースプラン(ちょっと大袈裟ですが。)を考えていました。昨年はスタートから25kmくらいの地点で66kmの部のスタート地点を通過するのですが、ここで8時3分前でした。5時スタートですから3時間弱かかっています。既にこの地点で500mの登りをこなしていますから、私にすればちょっとオーバーペースで突っ込んでいるのは明らかです。途方もない上り下りの100kmのウルトラマラソンですから、少しでも前に進んでおかないと制限時間に間に合わないという焦りから登りの区間でも無理をしていたんでしょう。

 出だしの25kmで脚を使い切っているお蔭で、この後に控えている800m前後の蘇武岳の大登りはもちろんの事、その後の大きな登りという登りは全てまともに走れずの状態でした。

 その反動で下りは全開で飛ばしまくって走ったのですが、これも悪かったのだろうと思うのですが、90km地点で脚が全く動かなくなり、苦痛に歯を喰い縛りながら歩くしかないという惨状に陥りました。

 今回は基本的に脚が全く出来上がっていないので、「少ない資源をいかに効率的に使い切ってゴールまでもたすのか?」という一点が完走できるかどうかを分けるポイントになると思います。

 できるだけはやる気持ちを抑えたレースにしないと駄目だなあと思います。まあ、精一杯に少ない資源を薄めて使っていてもゴール前に枯渇してしまえば、もはや打つ手はないのですが...。元々、弱者なので攻めるしかない立場なのに、ディフェンシブなレースをするっていうのは夢も希望も無いような気がしますが...。

 仕事をしながら楽しむレースですから、毎度盤石なコンディショニングができる訳でもありません。悪い時は悪い時なりのテーマをこしらえて、レースを楽しむのがアマチュアスポーツというものでしょうから、今回のレースも今できる中で精一杯の抵抗をしないとなあと思っています。

 でも、やっぱり心の底からレースを楽しむには、それなりにしっかりとした事前準備が必要だなあと思います。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR