FC2ブログ

村岡100K惨敗

 昨日の村岡ダブルフルウルトラランニング、惨敗でした。

 元々練習があまりできず、レース前からディフェンシブに行くと言ってたんですが、そもそも守るほどの積み上げが何もない訳で、単に消極的なレースを展開して73.3km地点にある伊射エイドでリタイアとなりました。

 伊射エイドの関門制限には20~30分前に着いていたんですが、もう完全に脚が駄目になってしまっておりそれ以上走れません。まあ、何とも意気地の無いリタイアです。

 まあ、普段の練習でほとんど走れていなかったのでこういう予感はあったのですが、実際にリタイアという事になると悔しさも人一倍です。



 今回のコースでは蘇武岳の大登りを迎えるまでは、自分なりにはペースを抑えながらもタイムはさほどに落ちず、いい感じで走れていたんですが、やっぱり上り下りの厳しい局面に来るとそういった小手先の対応では通用せず、ダメージを級数的に受けていく事になります。

 蘇武岳の最高到達点についた時点ですでに脚が限界だったのですが、それでも騙し騙し走り続け、このペースを守れば何とかなるのかギリギリの計算をしながら走っていたんですが、最後は脚が全くいう事を聞いてくれなくなってアウトでした。

 ウルトラマラソンはレース中に想定外の事が起こり、そのダメージコントロールをいかに上手にしていくのかという点に面白さがあるのだと思いますが、それもこれも鍛えた身体があっての事。体が出来上がっていない時点でダメージコントロール能力はかなり低いものに成らざるを得ません。精神力だけで物事を論じても単なる絵空事。自己陶酔って事です。



 今回の惨敗を受けて、来年1月の宮古島ウルトラマラソン100Kまでに体を作り直して、リベンジをせんと気が収まらないなあと思っています。最終的には来年の村岡リベンジなんでしょうが、まずは落ちてしまった身体能力のリペアがテーマかな。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR