FC2ブログ

旧能勢街道を伝って梅田までランニング

 日曜日は旧能勢街道を忠実に伝って梅田までランニング。17kmの道程でした。

 数日前に本屋の書棚で旧能勢街道を解説した「能勢街道の風景」という冊子が目に付いて購入したので、その記述を忠実にトレースして走ってみました。

 旧能勢街道は能勢と亀岡の境界をなしているひいらぎ峠(摂津と丹波の境界で関所がありました。)を起点として能勢、池田、豊中を通って大阪に至る旧道です。概ね池田以南は国道176号線と並走しているのですが、道幅は車一台が通るのがやっとの、人や大八車が通る道。能勢や北摂の産品を大阪に運び、大坂から生活用品などを運び込んだ人々の生活を支えた昔の幹線道路です。

 概ねあの辺を通っているとか、この道は旧能勢街道の一部だという事は知っていたのですが、完全にトレースをしたことはありません。どうせランニングの調子が悪いので、ゆっくりペースでえっちらおっちらと興味本位で走れば良かろうという魂胆です。

 池田は西端の伊居田神社まで西進して、能勢街道に合流。以降、忠実に街道をトレースしました。まあ、昔の人が一生懸命に歩いた道。車が走りにくい生活道路ですから、車の往来が少なくって走り易い。阪急宝塚線もずっと並走しており、途中にコンビニもたくさんありますから、マラニックには最適な道です。

 それにしても阪急電車から見る景色、いつも走り慣れた国道176号線から見る景色と、旧能勢街道から見る景色はかなり違った印象を受けます。旧街道沿いには伊居太神社、石橋商店街、岡町の商店街と原田神社、服部天神社、木川商店街さらに梅田の網島天神社など神社仏閣や商店街があり、まだまだ昔の面影を残した風景があっちこっちに見られます。道行く人も徒歩か自転車が多く、いずれものんびりそぞろ歩きをしているような印象が...。

 ちょっと視点を変えて通い慣れた経路を通ってみるのも面白いものです。

 9時頃に自宅を出て、梅田に到着したのは12時頃。まだ梅田近辺の銭湯は営業時間になっておらず、それだけが不満。

 帰りに梅田茶屋町にある丸善に寄って、1時間ほど立ち読み。まあ、こうして暇な時間に、巨大書店で気ままに書棚の間を探検するのもまた楽し。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR