FC2ブログ

最近、事務所の空気が変わって来たなあと思う。ちょっと嬉しい。

 ここ半年の間で急激に事務所の空気感が変わってきました。雰囲気の話なんですが、えらい盛り上り感があって、所長としては嬉しい限りです。

 昨日のお昼頃に応接室から執務室に戻ってくると、珍しく事務所内にスタッフが4~5名いてたんですが、大きな笑い声が響いていて、一見すると仕事をしてるんかいなというくらいの楽しい雰囲気になっていました。仕事の合間のちょっとした瞬間のやり取りなんでしょうが、スタッフが楽しそうに仕事をしているのを横目に見ていましたが、ありがたいもんです。

 そう言えば事務所内に響く笑い声の数が確実に増えたなあ。

 今朝は一転して事務所内に人っ子一人おらず、皆お客さんの所に出払っていてガラーンとしてしまっています。内勤の人まで2時間ばかり外へ出ていく必要が生じたようで、忙しいのは相変わらずなんですが、無駄な残業も無くなり、「やるときはやるけど、抜くときは抜く」というメリハリがハッキリとついてきているような気がします。これっていい事ですよね。

 お客さんへの提案も、スタッフ主導で起案する案件が増えてきており、私が横からあれこれと口を挟む機会も徐々に減ってきたように思います。

 御蔭さんでお客さんの現状打破に向けた改善提案、自計化ソフトウエアをより利便性が高まるクラウド形式のソフトウエアにバージョンアップして業務効率を上げていくような会計周りの改善提案さらに企業防衛の提案も物凄い勢いで湧いてきていて、嬉しい限り。

 事務所の空気が変わることと併せて、最近ベテランのスタッフが抜けてお客さんのハンドリングに不安が残っていたんですが、新たなスタッフが生き生きと動き出した(日報などで詳細に問題点を報告してくれるので経験不足の部分をかなりの範囲でカバーできています。)ことも大きな要因です。逆に新たな目線で事案を観察できたことが好結果に繋がって、新たな提案が生じる土壌を生み出したような側面もあると思います。やっぱり一定のサイクルでスタッフの担当先のお客さんをローテーションするって事も大切だなあと学びました。
 
 そう言えばあれほど苦しんだリクルートでも、それを手伝ってくれるスタッフが出始めて、会計事務所から見て望ましい人の採用ができ始めている(やっぱりジジイの所長の頭ではウケルものもウケナイもんです。)のも嬉しい点かなあと思っています。

 今までは所長起案で物事が動くという感じでしたが、徐々にスタッフからの起案が事務所を動かしていく空気感が出てきたという事ですから、組織論から見てもこれほど心強い話はありません。ちょっとしたきっかけで事務所の空気が変わるものなんだと思います。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR