FC2ブログ

2月月初会議

 本日から2月。もうあっと言う間に1月が終わってしまいました。

 歳を重ねると月日の経つスピードが加速度的に速くなると聞きますが、全くその通りです。



 今日は終日、事務所で月初に開催している月初会議と研修。

 どうしても確定申告に向けた打合せがメインテーマになります。一般的には会計事務所の最繁忙期になる訳ですからむべなるかなです。

 でも、うちの事務所とすればこの時期に個人事業の確定申告にだけスタッフの関心が傾くのをどうしても避けたい。会計事務所の基本業務部分である翌月巡回監査、継続MASを使った決算見込み、予算管理のアドバイス、さらには書面添付の部分をさらに進化させていくべく模索しているのですが、この手綱を緩めたくないのでひとつひとつのお客さんをピックアップして、この数ヶ月で対処していくべきテーマを明確化していきました。

 うちのスタッフの頭の中に、対象のお客さんの改善していくべき基礎業務が具体的にイメージされている事が重要だと思っています。

 うちの事務所における私の仕事を考えてみると、この月初会議を通じてスタッフに当月の仕事上のテーマを明確化してもらう事は非常に重要性の高い部分だと思っております(うちの会計事務所の規模では。組織の規模によって果たすべき役割が変わっていきますよね。)。 

 明確に業務がイメージできれば、あとは一定の間隔で進捗状況をチェックしていくだけ。うちのスタッフは基本的に真面目ですから、実直に目標追及してくれるので、個々のスタッフの個別報告を聴いていって、何らかのトラブルが生じた場合だけ相談に乗ったり、私が直接お客さんの所に出向いたりという対処で済みます。そう考えると本当に大切な時間なんだなあと思います。

 最近は、この月初会議も規模が大きくなってきて、うちの事務所で12名。テーマによってはそれに関連する提携企業の方が数名参加されますから15~16名の規模になっています。

 貴重な15~16名の人間の時間を取って実施するものですから、事前にしっかりと準備をして、ただ単に情報伝達するだけの形式的な会議にしてしまうと、あまりにその損失が大きいと思います。やっぱりこういった会議をいかに有意義に実施するのかという命題を上手にクリアーする事が事務所の生死を分けるのだと思います。 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR