FC2ブログ

長女のこれから

 朝起きて、ボーッとして新聞と朝食。家族4人でワイワイと騒ぎながら...。

 聞けば、長女は今日簿記2級の試験があるとの事。受かるかどうかのボーダーライン上だということでひとしきりボケと突っ込みの会話。

 こんな話を人が聞けば、すわ娘を事務所を継がす為に...という感じで解釈されるケースも多いように思いますが、事情はちょっと異なります。

 その実は、長女に事務所を継ぐ気持ちはどうやらないようで、一般企業に就職がしたいようです。ただこの就職氷河期ですから他のリクルーターとちょっとは差別化しておかないと...と長女自身が考えたようで、大学3回生までに簿記1級は取っておこうと思っているようです。



 私は、それを聞いていて大学生の分際でたいそう真面目な奴やなあと感心しています。私が大学生の頃には勉強なんて1秒もしたことがありませんでしたし、就職活動も今から思えば会社を舐め切って4回生の10月1日から始めて、色々な会社を回ることもせず成り行きで決めたようなものです(そんな時代だったとも言えますが)。

 生意気に会社を舐めたような態度で面接を受けていましたので、当然面接であがることもなく、不思議なものでそれが役員の方から見て面白い奴という印象になったようで何の苦労も無く就職が決まってしまいましたので、世の中は皮肉なものです。

 当時はちょっと緩過ぎる面接時の態度でしたが、なにも真面目一辺倒が良い訳ではないんだなあと事後的に感じたことを想い出します。

 真面目に物事の備えをすることは、勝率を上げる為には必要なことですが、本番の直前にはそんなパンパンに張り詰めた緊張感をちょっと緩めって気持ちに余裕を持たす(遊びの部分を作る)ことがより良い結果をもたらすものなのだと今の私には分かります。

 長女にもその真面目さはいいけれども、それをこころもち緩める感覚(これが結構難しいんだと思いますが...。)も大学生の間に体験してくれたらいいなあと思っています。



 とりあえず合否はどちらでもいいから、「試験頑張ってきなさい。」としか言えない父親です。

 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR