FC2ブログ

抜歯

 先ほど親知らずの抜歯をしてきました。

 ありがたい事に腕の良い歯医者さんですから、痛みは全く無くって、血もほとんど出ず。

 歯医者に向かう時は物凄く憂鬱でしたが、出てくるときは気分晴れ晴れ。



 以前のブログに書きましたが、年明けからしばらくして突然に歯痛に見舞われたのが一連の歯科治療の切っ掛けです。どうやら宮古島トライアスロン大会に向けてスイムの練習を始めたのですが、左上の奥歯が割れていたらしくって、その細いクラック伝いに黴菌が入って化膿したようです。

 それから割れた歯の根っこだけ残して、義歯を被せるのにそこそこの回数を通いました。

 その後は、歯垢除去でかなりの回数を通う事に。そもそも子供の頃に歯医者さんで物凄く怖くて、痛い目にあわされた体験がトラウマとしてあったので、この55年間はなるべく歯医者さんに近付かない生活習慣になっていたので歯垢を取ってもらった事がありませんでした。そんなこんなで、綺麗に歯垢を取りましょうという事になって...。まあ、取りがいがあったと思います。

 最後の最後に親知らずの抜歯。そのままにしておいても良かったのですが、治療のしにくい奥の奥の面に軽い虫歯が見つかったので、この際だから取っちゃいましょうという事になりました。

 次回は抜いた部分の消毒とチェックという事で、いよいよ半年弱に及んだ歯医者さん通いが終わります。



 しかしこの一連の歯医者さん通いで、歯に対する意識もかなり上がったのも事実です。歯磨きの方法も回数も抜本的に見直しをしましたし、今後は3~4カ月に一回くらいの割合で検査或は歯垢取りに歯医者さんに通う事もインプットされました。何せ死ぬまで自分の歯でご飯を食べ続けるためには、ちゃんと自分でメンテナンスをしてやらないとね。

 遅ればせながらなんですが、歯についてやっと正常な感覚になれたって事じゃないでしょうか。それにしても、小学生の低学年のボクに死ぬほど怖くて痛い目に合わせた昔の歯医者さんの罪って重たいなあと思います(笑)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR