FC2ブログ

「ケン」と遊ぶ

 とにかく家に帰ると「ケン」が待っている。

 柴犬を座敷飼いし始めて6年。どんなに外でしんどい事が起こっても、私を励ます一事はこれ。

 ヘロヘロになりながら玄関を開けると、「ケン」が無邪気に尻尾を振って飛びついてくる。これだけなですが、これがとにかく嬉しい。

 柴犬は、犬によってもいろいろあるとは思うのですが、さして人懐っこい訳でもなく、どちらかと言えば人見知り。こちらが声を掛けて呼んでも知らん振りをする事が多くって、愛想が無いなあと思う事もしばし。見知らぬ人に対しては凶暴。どなたか他人さんが自宅に来られた時には、事故が起こらないように気を使う必要があります。

 ある意味、傍若無人で面倒臭い奴です。

 けれども私が疲れて家に戻ってきた時だけは、どんなに遅い時間でも欠かさず尻尾を振って出迎えてくれます。

 人間ってのは実は単純なもので、たったこれだけの彼の愛想がやたら嬉しいもんなんです。

 家で手持無沙汰になった時でも、とにかく「ケン」を捕まえてあれこれと遊ぶのが楽しみ。半分くらいは迷惑そうに相手をしてくれていて、「飼い犬の癖にちょっとくらい飼い主に愛想を振れよ!」と思わぬ訳でも無いのですが、私自身の大きな癒しになっているのは事実です。

 昨晩は私のベッドに上がって来て30分ほど布団に潜り込んでジッとしていました。こんな事が何となく嬉しい。

 彼自身、いったい何を考えて生きているのか良く分からないところがありますが、かなり曖昧ながらもお互いに持ちつ持たれつの関係性が成立しているのでしょう。

 今朝も唯我独尊で、床暖の上でヌクヌクと一人寝を決め込んでいる彼を見ていて、ちょっと羨ましいなあと思いながら出勤の準備をしている私です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR