FC2ブログ

神社の神棚に猫が

 今日は朝からあれこれとお客さんが続き忙しかったのですが、ひと段落。残すところは夜にもう一件、社長さんとお会いするだけになったので、空いた時間を使って散髪へ。

 ずっと前にこのブログに書いていた小学校6年から親子で通い続けていた(45年近く通っていたことになります。なんとも義理堅い親子客だったんだなあと思います。)行きつけの散髪屋さんが高齢のために廃業されてからは、1,000円散髪にこまめに通うようになりました。

 雑なのかもしれませんが、10数分でカットが終わってしまうお手軽感はなかなかのものです。

 私はスポーツ刈りに近い短髪ですから、髪の毛がいささか伸びた頃合いがボサボサ感満載でむさくるしいので、そんなタイミングを捕まえて頻繁にカットをする方が良いのかなと思っています。まあ、俳優業を営んでいる訳でもありませんし...。



 帰りにいつものように事務所のご近所の神社へお参り。

 本殿と戎さんと天神さんの3つの社を順番に参るのを通例としています。週に4回程度の割合でお参りをするので、よく顔を出している方だと思います。

 これまた以前のブログにも書きましたが、神社では従前はお願い事をよくしていたように思うのですが、ここ4~5年は現状の感謝をすることが中心になっています。考えてみたら私の人生は結構幸せだよなあ(不幸だなあって思う日も当然にあるんですが。)って感じですから、世の中全体が回り回って私を支えてくれていることに感謝せんとあかんなあと思っています。



 お参りの順番は本殿から始まって戎さん、天神さんの順番なんですが、今日はその最後の天神社でちょっと面白いことがありました。

 天神さんの社殿の神棚に祭ってある鏡の横に、野良猫が気持ち良さそうに昼寝をしていたのです。

 鈴を振ってお参りをすると、野良猫が起きてこちらをじっと見つめてきました。

 なんだか「神さんが野良猫に姿を変えて出てきはったのかな?」なんて気もするので、いつもよりちょっと気張ってお参りをしたのですが、野良猫はお参りの途中から私に対する関心を失ったようで再び昼寝を始めました。

 まあ、そんなに都合良く神さんが表れて私のお願いだけを特別に聞いて下さるような事はなかなか無いですよね。

 「金の斧と銀の斧と鉄の斧を選ぶ局面が来たら、迷わず鉄の斧を選んで、己の正直さをアピールせんとあかん。」と密かに考えていたんですが、所詮は取り越し苦労という事だったみたいです(笑)。



 ちょっと事務所で休憩してから、ボチボチお客さんのところに車で出かける事とします。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR