朝ラン ちょっとだけ暑さがマシ 

 今朝は曇り。山からの風が心地良し。

 天神祭の時期なので大阪の暑さも絶好調ってところなのだけれども、案外マシ。

 昨夜、あまりに暑いので朝ランで山の中を走ろうかと思案していたんだけれども肩すかしを喰らった気分。

 それじゃあという事で、いつもの箕面周回大コース 8.6kmを走る事にしました。

 出だしの1~2kmは、身体がスムーズに動かず8分/km程度のスピードでロボット走り。山側から涼し目の風が吹き下ろしてきて気持ちが良い。

 諦めずに走っていると次第にペースが乗って来て総平均ペース6分ちょっと/km程度まで上がりましたが、それ以上は無理。いくら風が吹いていても、日差しが雲に遮られていても、さすがに湿度、気温が高く、何だか走るという動作そのものが苦しい感じ。

 走り終わる頃には、上から下までまるでバケツの水を被った様な感じでビショビショ。まあ、新陳代謝が良いとも言いますが、ここまで来るとちょっと極端です。



 走り終わって家まで少しの距離を歩いていると、道端でお婆さん二人が喋ってはったんですが、その内の一人が道にへたりこんでいたので、ひょっとして暑さか何かの原因で倒れはったのを介護してはるのかなあと思い「大丈夫ですか?」と声掛けしました。

 当のお婆さんは単に楽をするつもりで道端に座り込んでいたらしくちょっとビックリしたような表情で「大丈夫。ありがとう。」と返事をしてきました。

 大過無しという事ですから良かったのですが、まあ、紛らわしいと言えば紛らわしい光景です。

 日常生活でも声を掛けた方が良いのか放っておいた方が良いのか微妙に迷う光景に出合います。なるべく声掛けするようにしているのですが、確かにとっさの判断ですから迷いますよね。



 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR