箕面の奥へランニング

 土曜日。

 一週間の疲れが溜まっており、朝はゆっくりと起床。何だか体中に疲れが溜まり込んでしんどい。当然と言えば当然に、走りたくない気持ちでいっぱい。

 朝ご飯を食べて、リビングで「ケン」と遊びながら二度寝。

 11時頃に渋々、ランニングに行く事に。池田や箕面の市街地は既に湿気と高温。厳しい日射でとても走れる状態に無いので、嫁さんと二人でいつもの箕面滝道から箕面の奥山に入って行き20km前後の距離を稼ごうかという事になりました。

 走り出しは市街地部分はカットして箕面駅からスタート。

 滝道に入ってしまえば深い渓の中を走るために日射が完全に遮られ、渓谷通しの涼風のお蔭もあってどうにかランニングをしていても我慢ができる程度の環境です。

 滝の上からは、さらに一段気温が下がり、勝尾寺と箕面川ダムの分岐点の温度計を見ると27度。まあ下界よりは随分とマシ。

 さらに箕面川ダムから奥に向かって走り、高山の手前の北摂霊園の管理事務所で自販機のお茶を買って休憩。ここから往路を折り返し。

 帰りは政の茶屋から往路を行かず、才ヶ原林道を登りました。

 結局、往復で20km、標高も箕面駅の数十mから折り返し地点の北摂霊園管理事務所の400m弱。さらに才ヶ原林道の最高点の3百数十m前後とかなりアップダウンのあるコースを走ったことになりました。

 まあ、スピードは大したことは無いのですが、疲れて走りたくなかった割にはそこそこの距離は稼げたって感じです。

 ゴールの箕面駅では、同じコースを走っている(帰路の才ヶ原林道は走っていませんが。)嫁さんを待つためにコンビニに入り休憩。灼熱地獄で干からびた体には、クーラーの効いたコンビニのイートインコーナーは極楽です。お茶もビッグボトルを買い込んで一人で飲み干しました(まあ、脱水症状一歩手前の様な感じですから、何本でも飲める感じです。)。

 バテバテになった体には、ガッツリ冷えた休憩場所で冷たい飲み物。今日も調子が悪いものの、とりあえずノルマはクリアしたぞという充実感。ランニングをしていると、この瞬間が一番嬉しいのでしょうね。

 帰宅後、入浴。クーラーのしっかりと効いたリビングで昼寝。引き続き極楽。

 夕方からお客さんの理事会出席があるので、それまではウダウダと...。
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR