ヴェネツィア日帰り観光

 今日は朝からヴェネツィア観光です。

 フィレンツェ駅からイタリア版の新幹線に乗って2時間の移動でヴェネツィアへ。駅からは運河を船に乗って移動し、まずはヴェネツィア観光の中心地になるサン・マルコ広場へ向かいます。どうも街中は自動車やバイク、自転車の移動は完全に駄目なようです。

 それにしても観光客の人数が異様に多く、大混雑です。

 駅から見える桟橋には巨大な豪華客船が数隻泊まっており、観光客がとんでもない数で押しかけてきている様子がよく分かります。

 ここヴェネツィアでは人口が5万人弱なのに、年間に20百万人もの観光客を受け入れているらしく、日本政府もビックリの超観光先進地。



 ドカーレ宮殿の美術品を眺め、共和国時代の国会議事堂や裁判所跡、さらには溜息橋を渡って牢獄まで見学。

 その後、ヴェネツィア名物のゴンドラに乗って運河巡り。野垣家3名が乗ったゴンドラにはカンツォーネを歌う歌手とアコーディオン弾きのおじさんが乗り合わせ、イタリアムード満点の30分弱を過ごしました。

 しかし、6人乗りの小さなゴンドラの舳先で、こちらを向いてゴンドラで立ってカンツォーネを歌いあげられると、シャイな日本人としてはどんな反応をしたら良いのか本当に困ります。運河を眺める観光客や対面して行きかう他のゴンドラからも注目度抜群。

 ラッキーと言えばラッキーですが、恥ずかしいと言えば恥ずかしい。


 
 レストランで頂いたイカ墨のスパゲッティは絶品でした。これを食べると歯が真っ黒になりお歯黒みたいになるので普段は敬遠していたのですが、やっぱり本場で食べるそれは味も薄味で、パスタの湯掻き具合も最高。やっぱり美味しいものは美味しいなあと当たり前の感想を噛みしめていました。

 ヴェネツィアングラスの店を覗いたりして、再びフィレンツェにイタリア版新幹線に乗って帰りましたが、さすがに昨晩の夜更かしと今朝の朝ランの寝不足が堪えてフラフラ。車内では熟睡です。

 そのまま駅横のレストランで夕食を頂いたのですが、その最中でも完全に体が起きず眠気満載。21時前にはホテルに戻ったのですが、そのままバタンQ~です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR