フィレンツェ3日目のランニング

 今日は4つのオプション旅行の中からどれかを選んで楽しむ日だったのですが、嫁さんと私はどれも選ばずフィレンツェの街を二人でマラニックする事にしました。

 TKC企業防衛制度の表彰旅行は上げ膳据え膳で何も言う事が無い素晴らしい旅行なんですが、これが一週間に渡って休み無く続くとなるとやっぱり疲れてきます。

 旅行の真ん中で一日休養日を入れる事で、後半に向けて英気回復。



 8時頃に嫁さんと二人でホテルを出発。

 今日はフィレンツェの街をその昔、グルリと囲んでいた城壁を一周するマラニックをする事にしました。

 まずはアルノ川を西に走り、ヴィットリア橋へ。ここから城壁跡の環状道路をグルリと一周ランニングです。

 アルノ川を渡り、外壁跡沿いに南下。途中から未だにその姿を残す城壁が出てきましたので、それ沿いにローマ門へ。そこからは城壁と離れて気持ちの良い丘陵地帯を登り続けてフィレンツェの街を一望しながらのランニングになりました。この辺りは丘陵地帯にかなりお金持ちそうな方々の大邸宅が点在し、景色の綺麗な所でした。

 朝ランだとまだ辺りが真っ暗闇ですから細かい事は分かりませんが、樹々がうっそうと茂り、空気が爽やか。

 途中で数多くのランナーやロードバイクを操るサイクリストに行き会い、軽く挨拶。やっぱり地元でも好まれるランニングコースなんでしょう。

 明日の朝ランもここまで足を延ばそうと密かに決心しました。

 そのままミケジャンレロ広場まで丘陵地帯を走り続けて、再びここでフィレンツェの街を一望。まあ、絵になる景色です。

 この辺りから再びアルノ川を渡り直して、アルノ川北側の市街を今度はグルリと城壁跡の環状道路沿いに駅まで走り続けました。もうフィレンツェの街のイメージは体感的に完全に把握できた感じです。

 ホテルまでは戻って来て、ランニング距離は13.2km。総平均ペースは8分15秒/kmですからハイキングの延長みたいな感じ。まあ、嫁さんと一緒に走るとこんなもんです。

 そのまま朝風呂。洗濯。そして朝寝。

 まだまだ夜の合同懇親会まで時間はたっぷりです。部屋で気儘に過ごすのか、フィレンツェの街をぶらつきに行くのか思案のしどころです(結局昼過ぎまで部屋で気儘にダラダラと過ごしました。まあ、気儘で最高の時間でした。)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR