朝ランを終えて

 朝ランを終えて帰ってくると、最早汗ダク。

 ちょっと休憩して、朝食。それから筋トレ。やっぱり60歳の声が聞こえてくると、悲しいかな、自動的に筋肉というのは退化していくので補強運動も必要になってきます。アメリカンフットボールの様な瞬発的な力は求めていないのですが、マラソンやウルトラマラソンの世界では持久的な力が要求されるので、重いウエイトを使ったそれではなく軽目のそれを回数を掛けて素早く上げる類のトレーニングです。


 
 こうして自宅で筋トレをしていると、自分の運動スタイルというものをついつい考えてしまいます。運動スタイルというより、既に生き方のスタイルというものかもしれません。

 元々、昔取った杵柄で爆発的な力を発揮する系で運動習慣が身に着い(アメリカンフットボールは選手交代が自由な競技ですから、自分がフィールドに発ったら常に全力を発揮するスタイルになります。消耗すれば選手を交代すれば良いのですから。最も私のポジションには交代要員が無かったので、結構辛い話になっていましたが。)たために、なんでも最初から一気に力を絞り出してしまう癖はこの歳になっても抜けませんが、どうやらマラソンの類はそういった力の発揮の仕方では駄目(普通に考えてもそうなりますよね。当たり前です。)。最初から最後まで効率を考えて平均的に発揮していくスタイルの方が断然有利です。

 最初から最後まで綺麗に割り振りを考えて合理的なペースで走る事も意識するのですが、途中で何だかどうにもサボッているような居心地の悪さを覚えて、ついつい自分の持てる力を無意識に振り絞ってしまいます。最早、習い性になってしまって、成人してからの人生のやり過ごし方そのものもそうだったように思います。

 良いように言えば常に全力。悪く言うと「もう少し頭を使いなさい。」という感じ。



 また、怪我をしてもなるべく運動をする事を止めず、医者に行く事も極端に抑える癖も、アメリカンフットボールという競技の中で身に着いたような気がしてきました。

 だって、打撲や打ち身、擦過傷は当り前。筋肉痛や極度の疲労感とはお友達。絶好調なんて時はあまり無くって、ほぼほぼ体のどこかに痛みは不調を抱えていました(投じはコンディショニングなんて考え方は全く無くって、根性一本槍でした。)。そんなものが回復するのを待っていたら練習する時間がありません(スターティングメンバーには選ばれたいですものね。)。身体が完全に動かせなくなったら仕方が無いのでしょうが、どうにか動くのであればギリギリまでは動かしていないと、練習を止める理由は五万と発生しますから。「練習しながら何とか治していくのが稼働率の高い良い選手だ。」くらいに思っていました。

 まあ、これも程度物ですし、決して正しい考え方でないのも分かっていますが、身に着いてしまったものは仕方がありません。



 筋トレが終わると、恒例の朝風呂。

 「ケン」が遊びに来るので、20~30分ほど一緒に遊んだり...。

 この朝風呂と「ケン」との時間がまさに至福の私の時間って事になりますか。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR