FC2ブログ

宗次さんの講演

 昨日は夕方からTKC近畿大阪会の大和ハウス部会でCoCo壱番屋の創業者の宗次徳二さんの講演会を聴きました。

 まあ、天涯孤独で極貧で過ごした子供時代。苛烈な体験をひょうひょうと話をされますが、生半端な体験ではありません。

 また起業してからは毎朝4時に起きて一日15時間半労働。休日無しの生活。これまた何でもない事のように話をされますが、まあ「言うは易し行うは難し。」です。

 結局、宗次さんの人としての器が大きいので、色々な障害を事も無げに呑みこんでしまうのだろうなあと思って話を聴いていました。

 私自身も開業してから20年近くは碌に休日も取らずに年がら年中働き詰めという生活でしたが、宗次さんのようにひょうひょうとした雰囲気で働いていたかと言うとそうではありません。ある種の悲壮感を漂わせながら仕事をしていたような...。やっぱりこの辺りは器の差ですよね。

 まあ、あれだけ素直な心根で前向きに、遊びもせずに仕事だけに没頭していれば成功するのも別に不思議な話ではありませんが、問題はそれを20数年間継続できるのかという事です。ノウハウの問題ではなくて、絶対的な器の問題です。おどけた口調でライトに話をされていましたが、内容については超ヘビー級。あれを重めの口調で話されたら、聴いている側は重みを支え切れずに倒れてしまうかもしれません。



 講演会の後の講演会では同じテーブルでご一緒させて頂きましたが、話し方は変わらず。偉ぶった話は一切無し。

 税理士や公認会計士の世界では偉そうな話の仕方をする人は五万と目にするのですが、あまりの清々しさに唖然としました。かくの様に生きたいものですねえ。



 懇親会後は、二次会に行かず。紀伊国屋書店でまとめて数冊、書籍を買ってから、そのまま自宅へ直帰。

 まだまだ体調が優れないので、帰宅後、即就寝。
 
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR