FC2ブログ

野辺山のウルトラマラソン 惨敗

 昨日は野辺山のウルトラマラソンに出てきました。

 惨敗。

 全く走れず。まともな勝負にならずに42km地点であっさりとリタイアしました。これでウルトラマラソンは4連敗(多分、合っていると思う。多分。)。

 昨日から落ち込んでいて、今日も朝から引き続きドヨ~ンとしていたのですが、facebookで誰かさんにイジられたのでブログを書く事にしました。



 忙しさにかまけて、前泊するホテルの予約もせずに行き当たりばったりに出てきたので、大会駐車場で車の中で就寝。岩登りをしていた若かりし頃はテントも碌に持たずに山の中で寝ていたので、車中であれば快適そのものです。

 セダンタイプの車だけれども、後席を倒してトランクとスルーした状態にするとすっぱりとフラットな床が出現して、寝袋に包まるとなかなか快適に一夜を過ごせます。足も完全に伸ばした状態です。幾分、床が固いのですが、まあ、欲を言えばキリがありません。

 車内でコンロを使って調理をするのはさすがに換気や安全の問題があるので止めて、コンビニで買った弁当を食しました。一人で車内でモソモソとご飯を食べるのはさすがに侘しい。何となく気分も盛り下がります。

 ご飯を食べ終わると、何もする事がありません。日中は18度前後まで気温が上がって快適ですが、夜になると急激に気温が下がり、7~8度くらい。散歩をするにはちょっと厳しい。本を読むにもランタンが無いので、19時くらいから寝る事に。

 大会は5時スタートですから、3時起床。必要睡眠時間と言う観点で逆算すれば、丁度良い時間帯です。



 5月20日。日曜日。

 快晴。まさに完璧なウルトラマラソン日和です。

 スタート地点から八ヶ岳が一望できました。本当に綺麗な景色です。この大会では小一時間も走ると自分たちの背後に富士山の遠景もバッチリ見えて、本当に眺めの良い大会です。

 5時スタートまで、屋外は寒いので体育館の中でジッと待機。スタート15分前にスタートラインに並びました。スタートを切ると寒さは気にならなくなるのですが、風がちょっと吹いただけでも寒い。なにせ8度前後の気温の中で超薄着で立っている訳ですから。

 調子が悪いのは分かっていたので、出だしからペースはかなり抑えて走りました。30分もかからないところから林道に入り、延々と登りになります。

 コースは前半で八ヶ岳の中腹にある1,903m地点まで標高差550mを上り、それからずっと下り。50km地点までざっと1,000mの下りです。後半は、もう一度700mほど上り返して馬越峠を越えて野辺山に戻ってくるラウンドコースです。

 体重オーバーの上に、碌に走れていない私にしたら本当に辛い大会です。何となくRUNNNETを見ていて、ポチッと参加のボタンを不用意に押してしまったのが運の尽きでした。

 出だしから上りの局面で全く走れません。体が重すぎるのです(笑)。

 まあ、確かにこんなクマモンみないな身体じゃあ楽々と斜面を登っていく方が無理がありますよね。

 こういう標高差の激しいウルトラマラソンのレースだと、傾斜の急な上りは歩くのは脚を護る意味からも有効なのですが、私の場合は急傾斜限定ではありません。途中で脚tが壊れてからは、微妙に傾斜がついているだけの緩傾斜でも走る力が残っておらず、ひたすら歩く事になってしまいました。

 元々、下り斜面は大得意なんですが、1,903m地点を通過した後の大下りも脚が壊れてしまって思うように走れずでした。

 こんなにあっさりと脚が壊れるのも我ながらビックリですが、もう壊れてしまったものはどうしようもありません。42km地点のエイドで精も根も尽き果ててリタイアを申告しました。
 
 まあ、これだけ太って(一番走れていた頃と言ってもかれこれ3~4年前になってしまいましたが。当時は74㎏、今はちょっと痩せて81kgですから7kgオーバーです。)しまった上に、これだけ練習もせずにぶっつけ本番形式で大会に出場していれば、当たり前といえば当たり前の結果なんですが、

 これはちょっとやばい事になってきたなあと思います。

 年齢も年齢ですから、このまま今の生活態度や練習への取り組みを続けていくと、もうウルトラマラソンやトライアスロンは楽しめなくなってしまいそうです。プロではないのでこんな言葉はありませんが、「引退」が目の前に見えてきた感じです。

 ウ~ン。

 やっぱり、遊びも中途半端に向き合っていると全然面白くありません。もうちょっと真剣に遊ばないとなあ...。



 14時頃に野辺山のスタート地点に送迎バスで戻って来て、高原野菜のレタスを参加賞としてもらって本日は終了でした。

 その後、「高根の湯」で小一時間ボーッと湯に浸かり、取り立ててやる事も無くなったので漫然と家路に着きました。

 本来なら、19時ギリギリで何の気力も残っていない状態で野辺山に戻ってくる予定だったので、そのまま適当な場所を見つけて車中にもう一泊の予定だったのですが、完全燃焼すらできず。早めの時間帯に帰宅できたので、休暇の予定だった21日(月)が幸か不幸か出勤になりました。
  
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR