FC2ブログ

ここまでのワールドカップを見て

 サッカー日本代表が決勝トーナメントに進出できて嬉しいなあと思っています。やっぱり当初の目標は決勝トーナメントに進出して1勝でも勝ちを重ねていくことですから、当初の目標を達成するという事を大切にしないとアカンと思います。

 そりゃあ、最後の10分間も正々堂々と戦えという主張は心情的には理解できますし、そうした方が後味スッキリって感じで終われたとは思いますが、闘いの場なんですから色々な計算が入って当たり前なんじゃないでしょうか。

 グループリーグ最終戦の最後の10分間の攻める姿勢を放棄した判断をとやかく批判する意見を目にしますが、元々日本代表はワールドカップに参加したチームの中で格下中の格下です。格下だから何をしても良いとは思いませんが、レギュレーション的に何ら問題の無い行為ですし、イエローカードの数が少ない(立派な事だと思います。)という自らの長所を生かした立派な判断だったと思います。

 自らの能力の全てを使い切って闘わないと、実力的には勝てる状況にない事が分からないのかなあ。中途半端で勝てるほどの余裕はありません。

 「子供の夢を壊した。」という台詞も目にしましたが、子供がそこまで馬鹿なのでしょうか? ちょっと考えれば誰でも分かる話です。ルールにも抵触せず、自分たちの現状を冷静に分析してギリギリの判断をした姿勢を理解できるのではないかなと思います。

 逆に、あの局面で攻め上がっていった挙句の逆襲で失点をしてしまうとグループリーグ突破が不可能になります。もし、「子供の夢を壊す。」とか「フェアじゃない。」とかいう台詞に怯えてそんな状況を呼び込んでしまったら、それもまた批判の嵐に晒されてしまうのではないでしょうか。

 また、セネガルがあの後、コロンビアから1点でも奪い返せば、あの意思決定も全く駄目駄目。それこそ袋叩きに合うリスクがあった筈です。

 要は、あの局面で西野監督はどちらを選択してもグループリーグ突破が叶わなければ強烈な批判に晒された訳ですから、当然にそんな批判が出てくる事も腹に収めて自分の決断を押し通したところに、むしろ責任者としての仕事を果たした潔さを感じますがどうでしょうか。

 そもそも、そんな妙な批判は単なる評論家として上から見下ろすような感覚で、他人の粗を懸念に探し回っているような印象を受けます。言い過ぎかなあ。



 また、初戦と2戦目のゴールキーパーの川島選手に対して避難轟々のコメントが寄せられていました。確かにテレビで安全なところから高みの見物をしている人の目から見たら、ちょっとなあというプレイだったと思いますが、誰にだってミスはあります。プロですからそのミスに対してあれこれと非難されるのは致し方ないことだと思いますが、社会現象に近いくらいの反響でミスを指摘するのはどうだろうなあと思います。

 だいたい猛烈に批判している人はゴールキーパーというポジションをやった事があるのでしょうか? ゴールキーパーの正確な評価は同じサッカー選手ですらゴールキーパーでないと正確にはできないように思います。そもそもあの2戦目のセネガル戦でのあのパンチングだって、結果論では駄目だと言い切ることができますが、あの局面でスッキリとキャッチングで処理できるゴールキーパーがそんなにたくさんいてるのでしょうか。とっさの判断だから間違う事も普通に起こるし、パンチングの方向がもっと良ければナイスセーブになっていたかもしれません。ブイブイ文句を言っている人は結果論で話をしているだけなんじゃないかなあ。

 少なくとも川島選手はサッカー強国フランス(1998年にジタン率いるチームが優勝しましたよね。今もはっきりと覚えています。)のトップリーグ(一部リーグ)であるリーグ・アンのFCメスに所属して、第1ゴールキーパーの座を勝ち取った名選手です。少なくとも下手糞という評価は違うのではないかなあ。わあわあ批判している人達より相当レベルが上の選手なんだから、ファンとしてある程度文句を言うのは分かるけど、鬼の首を取ったような得意顔で批判するのはどうかなあと思います。

 川島選手に向けられた轟々たる非難は、ここ最近の日本で頻繁に起こる水に落ちた犬をインターネット上でその匿名性を利用して徹底的に叩くという嫌な空気感のあらわれのひとつではないかなあと思います。



 私たちの代表として体を張って頑張っているサッカー日本代表の選手達(おそらくフェアな方法で選考されたものだと思っています。)ですから、目を覆いたくなるようなミスを犯す事も人間の悲しさとしてあり得ますが、少なくとも心の底から信頼して応援するのが良いのではないかなあと思うのですが。

 少なくとも大会期間中にインターネットで批判を書き込んでも日本代表の選手達にマイナスの影響こそあれどプラスの影響は無いように思いますがどうでしょうか。

 そもそも色々と文句を言う人には「ほんならお前はできるんか?」と言いたいですわ(笑)。



 まあ、戦前の予想を覆してここまで勝ち残ってきた事自体が素晴らしいです。「あっぱれ。」じゃあないですか。とにかくこの後も、サッカー日本代表の選手達には精一杯頑張ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR