FC2ブログ

宮古島ワイドーマラソン100K完走

 1月20日。日曜日。

 宮古島ワイドーマラソン大会100K、やっと完走できました。ここ2年ちょっと、仕事に差し込まれてしまって劇太りの超練習不足で、ウルトラマラソンの出る大会、出る大会全てリタイアが続き6~7連敗だったので、ようやく泥沼からの脱出という感じです。

 昨年の6月からこんな中途半端な遊び方が続くようなら、もうランニングの世界から足を洗わないとアカンなあと一念発起。減量、筋トレさらに真面目にランニングトレーニングに取り組み直して、ようやく成果らしきものが出てきました。

 遊びこそ真剣に遊ばないと面白くないので、ようやくその真剣ベースの遊びの域に入って来たなあとホッと一息です。

 今回のタイムは12時間15分15秒。とりあえず宮古島ワイドーマラソン100Kの中(ウルトラマラソンはコース設定によって全く記録が変わるので大会毎に比べて自分の状態を確認しています。ベストは隠岐の島の11時間50分台だったような...。))ではマイベスト。

 一番走れていた2013年、2014年頃でも12時間34分42秒でしたので、まずまずこの半年頑張って来た成果が上がったなあという感じです。

 この時期に同じ宮古島で開催される100kmマラソンですから、4月中旬に開催される宮古島トライアスロン大会本番の調子を見るメルクマールとして活用しているのですが、とりあえずこのまま今回の問題点などを潰して行けばトライアスロン本番の完走は大丈夫かなあと言う感じです。

 因みに過去の宮古島ワイドーマラソン100Kの記録は以下の通り。
2019   12時間15分15秒
2018   35km地点で棄権
2017   35km地点で棄権
2016   13時間46分23秒(大会運営が失敗して結果的に101.8kmの大会になる。)
2015   出場断念
2014   13時間19分
2013   12時間34分42秒   

 宮古島は高い山が無くフラットな印象があるし、島独特の緩い空気感のせいか知りませんが、どちらかというと難易度低めのウルトラマラソン大会かなあと感じなんですが、実はこの時期の気候的な難しさやフラットな印象とは裏腹に小刻みなアップダウンが脚に深刻なダメージを与えるせいなんだろうと思うのだけれども、完走率が概ね6割前後で推移しているしんどい大会なんです。

 まあ、還暦目前のオッチャンも良く頑張りましたっていう感じです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR