FC2ブログ

宮古島朝ランとバイクの試走 間に会計事務所見学

  4月12日。金曜日。

 世間は仕事をしてはるのだが、私はトライアスロン本番に向けて宮古島入りしてボーッと過ごしています。なんだかちょっと申し訳ないような気がする小心な私です。

 昨日は18時から眠って、今朝は6時半起床。完全に熟睡。さすがにこれだけ眠ると身体もスッキリ。

 7時前から朝ランへ出る。

 久々に嫁さんと一緒に走る。ペースが全然違うものでいつもは一緒に走らないのだが、今日は本番前の身体慣らし。ユルユルのペースで走るだけなので、ゆっくり走って交差点もしくは1kmほど走って嫁さんと距離が空くと追い付いてくるまで待つという尺取り虫スタイルでも充分だ。

 こちらは今にも雨が降りそうで分厚い雲が空を覆い、風も強く、気温は19度。走るには絶好のコンディションだ。

 コースはホテルから宮古島実業高校前を通って伊良部大橋の付け根まで走り、帰りはパイナマガ公園側を通って戻ってくる5.5km。伊良部大橋のたもとに立って海を眺めると風が強く白波が立っていたのが心配。実際に海で泳いでいると、波がちょっとでも立つととたんに泳ぐのが難しくなるので、できれば本番では無風状態になって欲しいものだけれども、天気予報なんかを見ているとどうやらスイム本番の時には風がそこそこ吹きそうで憂鬱だ。っていくか怖い。

 走り終わって手元のGPSを見ると6分30秒/kmペースだからほとんど負荷は掛かっていないくらいのノリだ。



 8時頃にホテルの部屋に戻って来て、事務所管理システムを立ち上げてメールやスタッフからの日報、さらに担当案件の個別相談に対する応答で2時間ほど仕事。いくら宮古島に来て精神的に開放されていても、これだけはちゃんとしないとねえ。うちのスタッフ達は真面目に働いてくれているのだから、所長もせめてこれくらいは頑張っておかないと怒られてしまうもの。



 11時過ぎから埼玉県の浦和や川口に事務所を構えている税理士法人レッドサポートの宮古島事務所を訪問。全く宮古島に縁もゆかりもない状態から、昨年急に事務所開設してこちらに進出してきているので、どんな感じなのか話を伺いに行きました。

 TKC全国会のニューメンバーズサービス委員会の正副委員長メンバーの繋がりのある渡辺忠さんだから気安く話を聞かせてもらえてありがたい限りです。それにしてもバイタリティーの塊みたいな人やなあとつくづく思います。

 結局、一緒に昼ご飯を食べながら3時間ほどあれやこれやと現地事情や気苦労の点、嬉しい話なんてのを聞かせてもらえました。勉強になりました。あた~す。



 15時前後から、本番に使うバイクのセッティング開始。トライアスロンバイクは普段乗りなれているロードレーサーに比べて構造が複雑なので、宅急便で送るために一旦分解してパッキングしたものを再度本番で使えるように組み直すのはたいへんです。何事も大雑把な私にはこれも大きなハードルのひとつ。小一時間ほど掛かって概ね完成。

 サドル位置など微妙な調整が必要なので16時頃から伊良部大橋を渡って大会本番コースをなぞって伊良部島を一周してホテルに戻ってくる27kmのコースを走りながらあれこれと微調整。

 伊良部島の本番コースはそれなりにアップダウンがあって本当にしんどい感じ。

 また伊良部大橋を吹き抜ける風が強烈で、突風でハンドルが取られてフラつくのでスピードを上げて走るのが怖い。よくこの橋でスピードを出して走っているところを突風にあおられて転倒してリタイアする人が出るという話は聞いていたが、さもありなんである。本番ではここで勝負はかけず慎重に走ろうと心に誓う。

 今回は事前のバイクの練習が全く手付かずなので、やはり久し振りにバイクに乗ると物凄く違和感を感じてしんどい。たった30km弱走っただけで感じる疲労感が予想外に大きく、こんなんで本当に本番の157kmが走り切れるのか不安でいっぱいになる。なにせたったの1/5の距離を走って腰が痛いというのはいかがなものか。

 やっぱりぶっつけ本番というのは駄目ですなあ。当たり前と言えば当たり前なんだけど、今の私にゃあ仕方が無いのだけれどもねえ...(泣)。



 19時から大会の前夜祭。大会参加申込手続きがこの前夜祭までという事になっているのだが、初めてこの大会に参加した時に前夜祭が本番の2日前に行われる事に気が付かずに無念の失格になった苦い記憶、笑い話、因縁の前夜祭である。

 ここで普段仕事で付き合いのある矢野さんと出会って、あれこれと雑談。

 矢野さんは事前の練習を通じてきっちりと体重を落としてきていて、私よりかなり上背があるにも関わらず体重は私より1㎏ほど軽いくらいになっていて、軽く目眩を感じる。

 私の自信は、何せ質の悪いゴムでできた風船に精一杯に空気を詰め込んだみたいなものなので、ちょっとしたショックですぐに粉々になるのが常なのだが...。

 さらに事前の練習もどうしてきたのか聞いてみると、どんな聞き方をしても私よりは随分と頑張ってきたようで...。そりゃあバイクには全く乗らず、スイムも付け焼刃に10回前後泳いだだけの私ですから、どう考えても私より練習量の少ない人の方が奇特というものなんですがね。



 21時過ぎにホテルに戻って、再び今日一日のスタッフから提出されてきた日報や担当案件の個別相談をチェック。そろそろ眠たくなってきたので23時頃には床に就くつもりだ。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR