FC2ブログ

トライアスロン惨敗の翌朝ラン 夜は表彰式

  4月15日。月曜日。惨敗のトライアスロン大会の翌日。

 勝負を掛けていた最終の3種目目のランニングに取り掛かる前に勝負の決着がついてしまい身も蓋もない結果になってしまったのはブログに書いた通り。

 3種目のうちの2種目しか手をつけていないけれどもそれなりに疲労感は残るもので、体のあっちこっちが突っ張って辛い感じだが、悔しさを紛らすために朝ランをすることに。といっても7分30秒/kmの超スローペースだから大した話ではないのだが...。

 ホテルから平良港の方に向かいパイナマガ公園をグルリと一周廻って帰って来る4kmのコース。

 残念感が胸いっぱいに広がり切ないもんだ。



 バイクを競技会場から回収してきて宅急便で大阪に送り返すためにバタバタとパッキング。ウエアの類も昨夜から洗濯して乾いた物は一緒に荷造りをしてひと段落したのが10時半。

 トライアスロンは3種目の競技をこなすだけあって、使用機材やウエアが多くて前後の準備や片付けがたいへんだ。

 あれこれと手仕舞いを一気に終わらせて、パッキングした機材の類をヤマト運輸に預けて雑用は終了。



 その足で嫁さんと伊良部島の佐良浜漁港の食堂にカツオとマグロが山盛りの丼を食べにドライブ。ネタは新鮮で文句無し。現地の美味しいものを食べ歩くのも楽しみの一つだ。

 そのまま宮古島の北部に向かい「雪塩」の工場兼販売所に向かう。どうせ時間はたんまりあるのでウダウダと「雪塩」の製造工程を見学し、商品を眺めていると、店の「雪塩」の説明員を務めている伊良部さんとすっかり仲良しになって話し込む。

 他にもいっぱいお客さんがつめ抱えているのに私たち二人とベッタリ話し込んでいて、一体仕事は大丈夫なんだろうかと心配になるほど四方山話に花が咲く。現地の人とあれこれと仲良く過ごすのも旅の楽しみの一つだ。

 「来年こそトライアスロン頑張って頂戴ね。」と慰めてもらい、ちょっと嬉しかったりして...。



 15時からは表彰式。

 もちろん私は貰えるものは何もないし、関門アウト組としてはなんとなく肩身の狭い場所なんだけれどもいじけていても仕方が無いので顔を出す。顔を出すともちろん悔しさいっぱいで何とも言えないんだけれども、それは頑張って完走した選手達に何の罪も無い話なんで、そこは大人になって一聴衆として参加し、懇親会ではあれこれと出された料理を平らげる。来年は素直に喜びを爆発させる場にせんとアカンよなあ。

 17時頃に表彰式終了。



 そのままホテルに戻って、大浴場で長風呂。その後は、もうやる事は何もないので部屋でグッタリと夕寝(昼寝?)。

 あれこれと大阪から仕事絡みの書籍を持って来ているのだが、とても細かい話に喰らい付いて行けるような集中力が持続できそうにないのでボケーッとテレビを眺めて過ごす。なんだかコメディアンの人(全然、名前が分かりません(泣)。多分、売れてる有名な人みたいだけれども...。)があれこれとチャラケているのだけれども面白いとも思えず...。

 世間が感じる面白いと自分が感じる面白いが随分とズレているみたいだ。まあ、昔からずっとズレて生きてきているので、今さら話題に上げるような事でもないのかもしれないが。

 20時過ぎには就寝。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR