FC2ブログ

連休二日目はトレーニングと以前嫁さんがお世話になっていた事務所の先生ご夫妻と食事

  4月28日。日曜日。

 いささか寒いゴールデンウィークだ。

 6時過ぎに目を覚ますが、ベッドで雑誌を読んだりして少しウダウダと過ごし、7時頃から朝ランに出る。

 今日は箕面周回特大コース+今宮 14.2km。

 一昨日は何故か絶好調で自分でもどうしたんだろうと思うほどだったのに、今日はさほどでも無し。やっぱりこんなもんである。

 総平均ペースは5分45秒/km。まずまずペースに乗ってからは5分30秒~40秒/kmくらいのペースである。まあ、今の私にとったら速くも無いけど遅くも無いといったところか。



 朝ランを終えて、朝風呂。朝食を手早く済ませて、嫁さんと二人で車に乗って梅田へ向かう。

 数日前に突然、嫁さんが初めてこの業界に飛び込んだ時にお世話になった税理士先生ご夫妻からお誘いの電話が私の携帯電話にあったもので、それによると11時に新阪急ホテルの一階ロビーにある喫茶店で待ち合わせという事になっていたもので。

 会ってお話を伺うと、先生ご夫妻も高齢になってきたので、中期的なスケジュール感で事務所を引き継いでいきたいのだけれども、受けてくれないかという内容でした。先生は相続税についてかなりマニアックにあれこれと研究されており、とても私なんかに引き受けれるものではないという返事をさせてもらったのですが、それでも諦めずに話を勧められるもので...。

 もちろんありがたい話なんですが、相続税対策でかなり規模の大きなお客さんのコンサルティングを中心に仕事を取り組まれている(そりゃあ、あれだけ熱心に勉強されてたらそうなるよなと思いました。)ようなので、そういった案件を中期的に引き継いでいくのはそれなりにこちらに覚悟と勇気を求められます。

 また、中小零細企業の税務顧問もやっておられるのですが、うちの事務所は完全なTKCビジネスモデルを中心に置いたスタイルなんで、先生の事務所の業務モデルとの違いをどのように擦り合わせていくのか、またうちの事務所スタッフの誰にどの部分を任せるのかとか、事務所の支店を梅田辺りに設けないと引き継ぎ難いよなあなんていう現実的なマネジメント上の問題点があれこれと頭の中を駆け巡ります。

 もちろんたった3年程度しか在籍していなかった嫁さんをずっと(もう30年前の話ですよ。10年ひと昔と言いますが、とにかく大昔です。)覚えて下さって、事ある毎にうちの家族の話や事務所の事も気にかけて続けて頂いた恩を考えると、あれこれと目の前の問題点は横に置いて先生の気持ちを受け止める事も大切だし...。

 やっぱり人の恩とか縁というのは何物にも変え難いものですものね。

 まあ、今日話をして、今日中に結論を出すような話ではないのですが、先生の人生が一番スッキリと治まる形を考えてこの問題は解決策を模索して行く事が大切だと思っています。話自体はありがたい話ですし、こんなことを言ってもらえるのは幸せな事ですよね。



 14時過ぎに事務所に戻って、嫁さんは仕事。スタッフが作成してくれた相続税の申告書の審査が残っているという事です。

 私はそのままジムに向かいスイムとバイクで大汗をかいていました。

 スイムは1,000mを一本泳いでちょっと休憩してから、そこそこ速いペースで100mを一本。さらにゆっくりペースの平泳ぎで100mを一本の都合1,200m。30分もかからない短い時間でのトレーニングです。

 1,000mのペースを見ると、かなり余裕を持って泳いだのですが、21分30秒前後。このペースで3,000mを泳げば、さほどに長くてバテるような距離でもないので、単純計算では1時間4~5分前後。

 先日の宮古島トライアスロン大会では同じ距離で1時間24分 9秒。プールと海の差というより、前回出場の時にスイムで過呼吸になったトラウマで身体が動かなくなった事(また再発するんじゃあないか。そうなったら足が着かないんだからどうするんだ(冷静に考えるとコースの両脇にずらりとレスキューが待機してくれているので溺れる訳は無いのですが。)。そもそも足のつかない海で泳ぐのは何となく怖いぞ。)を原因とするタイムロスが20分近くあったという事なんだと思います。

 人は一度そういう心理的なブロックがかかってしまうと、そのブロックが如何にきついものか...。私は元々能天気な質ですから、そんなトラウマ、或いは心理的なブロックというものを体験した事も無かったのですが、精神的な要因で身体がいとも簡単に動かなくなる。或いはそういったブロックを外すのがいかに大変な事なのか...なんて事を今日のトレーニングでしみじみと感じました。

 まあ、来年の宮古島トライアスロン大会では、もうそんな心理的ブロックは今回大会(スイム後半でようやく身体が思うように動き出しました。)でどうやら外せたような気がするので、真正面から闘えると思うのですが。



 スイムの後は、ジムスペースに上がってバイクのトレーニング。

 まあ、今回のトライアスロン大会の直接の敗因はスイムというよりは、あまりにバイクが不甲斐無かったから。って事で今からしっかりとトレーニングし直して、少なくとも5年くらい前の状態までは戻しておかないとまともに勝負にならないという危機感からです。

 ずらりとジムに並べてある固定バイクに跨り、颯爽と漕ぎ出しましたが、どうにもポジションがおかしい。ジムの固定バイクはロードレーサーあるいはタイムトライアル用の競技自転車のポジションが全く取れず。

 ちょっと負荷をかけたトレーニングになると本当に漕ぎにくい。

 こりゃあ、この固定バイクじゃあ本格的なバイクトレーニングは難しいなあという判断をせざるをえません。結局30分ほど、大汗をかきながら結構マジに漕いでいたのですが、トレーニング中断。

 やっぱり自宅でローラー台を設置して本格的なバイクトレーニングができるように環境設定しないと駄目だなあ...。まあ、今まさに自宅の片付けを本腰を入れてやっているので、それで空いたスペースで工夫をすればクリアできそうですが。

 まあ、それでも漕がないよりは漕いだ方がいささかはマシなので、自宅のトレーニング環境の設定ができるまではのらりくらりと漕いでないと仕方ないですがね。



 トレーニング後はジムの大浴場で本日二度目の入浴。お風呂は何度入っても気持ちの良いものです。特に大人が何人も入れるような大きな浴槽は解放感があってホッとします。

 入浴後は一旦事務所に戻って、ちょっとだけ片付けものを済ませて帰宅。そのまま昨日からの片付けの続きをする事とする。着なくなった服や、もう二度と使わなそうなあれこれを選別。意外にしんどい作業です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR