FC2ブログ

空港大周遊コースをランニング

  2月23日。日曜日。

 20日振りにランニング。すっかり体重が上増しされていて、身体が思う様に動かない感じだ。走るというよりモサモサと早歩きをしているイメージのランニングになってしまっていたように思う(泣)。

 コースは地図を睨んで、いつもと違うニューコースを設定。マンネリ感を解消する意味で新コースの開拓となったのだが、確かに新鮮な感じがしたので◎。

 自宅から旧西国街道を東に向かって走り、阪急桜井駅を過ぎて箕面自由学園のところで待兼山丘陵を乗り越す。そのまま桜井谷に降りて、千里川と合流して堤防上を川下に向かって走り続け、猪名川との合流点まで走る。千里川沿いのルートは自分にとって始めて走る道だ。

 猪名川との合流点の直前に丁度大阪国際空港の南端が接している。飛行機が着陸する際に見物人の頭の上をそれなりの迫力で通り過ぎていくビューポイント有り。ここはいつも見物客がいっぱいたむろしている所だ。

 私も休憩がてらに周りの人の真似をしてiPhoneで迫力ある着陸シーンを狙ったのだが、シャッターを切るタイミングがズレて飛行機の頭がチョン切れた写真になってしまいガッカリ。撮り直す根気も無いので早々に出発。やっぱり写真を撮らせたら下手な事この上なしだ。

 猪名川合流点からは飛行場の西側沿いを北上。この辺りは寒い北風がまともに身体に当たり、ちょっと寒い。

 しばらく行くと箕面川に合流して堤防上を石橋に向かって走り、最後は旧能勢街道を通って自宅へ到着。

 都合18kmのコースとなったが、20日間走らなかっただけで、すっかり足が弱ったようで結構しんどかった。

 総平均ペースは7分16秒/kmだから全く走れていないのだが、疲れるのだけは一人前だ。やっぱり年寄りは能力が落ちるスピードが異常に早くなるんだなあと実感する。ちょっと寂しい気持ちになる。

 今日は飛行場の西側を北上する20分ほどの間こそ北風にあおられて寒さを感じたが、他はとても2月の厳冬期とは思えない気温で、走り出して2~3kmも行かない間にウィンドブレーカーを脱いで走ったのだが、丁度良いくらいのランニング日和だった。



 家に帰ってから、ゆっくりと昼風呂。

 湯上りにテレビを点けると、J1のガンバ大阪対横浜マリノスの試合の後半部分を放映していたのでそのまま観戦。JIのリーグ戦の開幕戦で、前半を終えてガンバ大阪が2-0でリード。ちょっと気になってテレビに引き込まれる。

 昨年のJ1王者の横浜マリノス相手に凄いなあと思って見ていると、後半は横浜マリノスの大攻勢に晒されて今にも追い付かれそうな際どい展開。ガンバ大阪がたまたま前半にポンポンと2点を取れていたから良かったものの、後半に入ってくると自力に勝るチームの底力を見た感じだ。

 結局、試合は2-1でなんとか逃げ切って、幸先良いスタートを切れた感じだ。

 勝負の世界だから、やっぱり最後は勝てば官軍。今年はこのままの調子でシーズンを戦ってくれると良いのだがどうだろうか。

 強烈なファンではない(サッカーをやっていた訳ではないので、試合を見ていても戦術評価についてどうしても分からない部分がある。戦術的な事が理解できないと、どうしても奥まで踏み込んで楽しめない。)のだけれども、やっぱり地元のチームが勝つと嬉しいものだ。



 夕方、これまた久々にジムに行って固定バイクを30分ほど漕ぐ。いきなり強度の高い負荷を掛けると嫌になってしまうので、今日は完全に足慣らし。徐々に心拍を上げて行って、最終的に170まで上げて2分間漕ぐところをピークにして短めに終わる。時間も短いし、負荷も低いのでまだまだ余裕のよっちゃんだが、汗だけは凄い量になる。

 筋トレやストレッチ、スイムなどは手を付けず。

 中断期間が長かったので、様子見といったところだ。明日くらいから徐々に本格的に負荷を上げて頑張って行こうという算段だ。



 それにしても確定申告の真っ只中で2日間の完全な休みが取れるようになったのは嬉しい限りだ。ようやく経験年次の浅いスタッフも仕事に慣れて来たし、ここ数年で課長職を設けて仕事をいろいろと切り分けたりする事で組織的な運営ができるように取り組んできた成果が出てきた感じだ。

 まだまだ改善の余地はいっぱいあるものの、いつまでも主要業務を私と嫁さんがどっぷりと抱え込んでいるといつまでたっても個人経営スタイルから抜け出せず、いずれは事務所の事業承継にも支障をきたすようになると考えて、思い切った権限移譲に取り組んでいるお陰だと思う。

 事務所を立ち上げて24年目になるが、今年の確定申告は精神的にも肉体的にもかなり楽になったと実感できるのが嬉しい。事務所のスタッフも頑張って私の期待に応えようと努力してくれているのが本当にありがたいと思う。

 まあ、仕事が楽になった分、さらに品質や顧客満足のアップに頭を捻って事務所業務の標準レベルをもっともっと押し上げていく方に注力せんと、単なる怠け者になってしまうので要注意だけれども。

 「目先の楽に安住する事なかれ。」 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR