FC2ブログ

献血をしました

 今日は終日、事務所で仕事。

 嫁さんと池田の街に昼食を摂りに行った帰りに、たまたま献血バスを目にしました。そう言えばここ最近、すっかり献血とは縁が薄くなっていたなあ...。

 ひょっとして、こんなにコロナウィルス騒動が広がって外出自粛になると、献血も集まりにくくなっているんじゃないかなという考えが頭を横切り、そのまま献血をする事に。

 このブログで調べると前回の献血は2018年 8月 4日以来ですから、 1年9か月振り。前回は献血センターから私の携帯宛に電話が掛かって来て、「私と白血球の型が同じ型の血液が不足しているので1~2日中に成分献血に協力頂けないでしょうか。」という依頼があったという下りは当時のブログに書いた通り。

 今回は行きづりで見かけてそのままという成り行き献血です。

 まあ、献血だけは私たちの血液を待ってはる患者さんから無条件に感謝される行為で、いわゆる善意の押し付けみたいな事が発生しない極めてシンプルな社会奉仕です。私みたいに単細胞の人間には分かりやすくて、シンプルでよろしい。

 受付で係りの人がニッコリと微笑みながら「今日はお礼に卵のパックがもらえますよ。」と言ってきたので、なんやったら400mlと言わんと800mlとか1,200ml採ってもらう替りに卵を3パック頂戴な。時間がかかるやろから、両腕同時に採血してもらっても良いよ。」と返すと、結構その場の雰囲気が盛り上がりました。この辺りは大阪特有なところなんでしょうが、その後も周りにいた係りの人や献血を待つ人
がドンドンとこの話に被せてくるのが芸術的です。地域的に、子どものころから吉本新喜劇を見せる事で「いちびり」の英才教育が施されている面目躍如と言ったところでしょうか(笑)。

 たった10~20分しかかからない(しかもベッドで寝ているだけ。)ので、お手軽な善意。欠点は針を刺す時のチクッとした痛みだけ(私はこれが大の苦手です。)。

 今回でどうやら通算で28回目みたい。まあまあ頑張って来たよなあ。

 次回の献血可能日は成分献血は6月12日、通常の献血は7月10日からOKだそうです。

 ボーッと日常生活を送っていると忘れてしまうので、スケジューラーに再び献血が可能になる日を登録してマメに献血の協力をせんと、コロナウィルスで大騒ぎの状況では血液が集まりにくいやろうから頑張ってあげんとねえ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR