FC2ブログ

雨だから仕事

  5月 4日。月曜日。

 このブログに書いたように一昨日の夕方に思い立って洗車をしたら、案の定に日曜日の昼から雨。まさにビンゴ!です。

 それでも今日の午前中に恐る恐る車を見てみるとそれなりに奇麗なままだったので、頑張った甲斐が無くなった訳じゃあ無いのがちょっと救いです。



 6時に起きて外を見ると、まだ雨が残っていたので朝ランは中止。そのまま二度寝。

 7時半頃から、1時間ちょっと仕事絡みの勉強を...。 
 
 偉いぞ! 自分。

 そのまま朝風呂。
 


 10時からお客さんを訪ねて、社長さんと今回のコロナウィルス騒動の現状と対応について話をしてきました。お互いにゴールデンウィーク期間中ですから、時間を気にすることもなくゆっくりと。

 3月までは何とか売上も持ち堪えていたのですが、緊急事態宣言の辺りから売上が劇的に落ち始めて今や昨年同月比で8割減の惨状です。守秘義務ですから詳細は書けませんが、コロナウィルス騒動が終息しても売上の回復には相当時間がかかる見通しなので、今の状態では予想の建てようもありません。

 2月末から資金繰り確保に動いてもらい、雇用調整助成金の手続きも手を付けているので当面の資金はOKなのですが、半年先とか1年先になると不安がいっぱいです。

 とりあえず緊急事態宣言は5月中或いは6月に入っても早い段階で解除になって、売上が緩く回復した場合の損益予測を出してもらいましたが、これとて「たら」と「れば」のオンパレードですからねえ。

 うちの事務所にできる事は、社長に寄り添う形で相談役を務める事。それ以上でも以下でもないのが歯痒いところですが、己に与えられた役割を粛々とこなすしかありません。



 昼前に事務所に出社。

 そのままとりあえずデスクワーク。

 コロナウィルス騒動で自宅で自粛を要請されていますが、さすがにこのままずっと家に籠っていると気持ちまで塞がってくるので、人気のない事務所であれこれと少しでも前向きな事に手を染めている方が精神衛生上も良いような気がします。

 スタッフから提出された各種書類に目を通し、日報に返信を書き...。時間があるので普段は見ない細かなところまで目を通していると、スタッフ毎に理解が及んでいないポイントが見えて来て、ゴールデンウィーク明けに個別に指導をせんとアカンなあと要点を書き上げたり...。



 20時過ぎに嫁さんと帰宅。遅い夕食を摂りながら、ニュースを見るとコロナウィルスの緊急事態宣言延長の話題がいっぱい。 

 コロナウィルスの緊急事態宣言が5月末まで延長される見通しになりましたが、相変わらず政府は自粛を唱えるばかりで解除に向けた具体的な数値目標とか経済再生についての方策についてのコメントなし。

 確かに混沌とした情勢ですから軽々に方針を出す訳に行かないというのは分かりますが、政府がこれらの方針を出さなければいったい誰が出すというのでしょうか。責任の重さに押し潰されているだけで、立ちすくんでしまっているような感があります。

 専門者会議の意見というものが強調されていましたが、感染症の専門家ばかりを集めた会議であれば当然に感染が全くない状況を目指そうとするのは当たり前。

 ただ、ワクチンの開発が早くても今年度末までかかると言われている中で、感染無しという状況を創り出すのは不可能な話です。

 このブログでも度々書いてきましたが、コロナウィルスで死ぬ人を最小限に食い止める事ももちろん重要ですが、コロナウィルスの影響で経済的に死ぬ人を最小化するという観点が、今回の発表にはほとんど反映されていない気がします。少なくとも専門家会議というものに経済や社会面の建て直しが論じれる専門家を加えないと片流れの議論になってしまいますよね。

 また、PCR検査の実数があまりに少ない現実が事ここに至っても未だに解決されていない現実。大阪ではPCR検査を受けるのに10日前後かかるなんていうインターネット上のニュースもありました。

 そう言えばアベノマスクも未だに手元に届いていませんね。こんな行政のスピード感では、コロナウィルスが終わった頃に手元に届くような皮肉な結果になるような気がしています。

 専門家会議は学問的に感染症の拡大防止を議論することはできても、感染防止のシステムを社会的システムとしていかに定着させていくのかとか、ウィズコロナで経済や社会を如何に切り回して行くのかという議論はあまりされていない気がしてなりません。未だに3密とか外出自粛の一辺倒ですから...。

 政治或いは行政ですから、しっかりとした国の行く末、目の前の事象に対する取り組み方を決定する事。決めたら粛々と取り組みを実行していく事。そして、最後に当然に責任の重い事を任されているのですから、責任をしっかりと背負い切る事が責務だと思います。

 ここに来て安倍さんやそれを支えるブレインの方々のひ弱さがまざまざと表面化している気がします。平常時だと良かったんでしょうが、戦後初と言っていいような混乱期を仕切るには役不足という感じかな。

 まあ、こうして他者を批判するのは簡単。安倍さんの緊急事態延長の会見を他山の石として我が振り直せという事だと思います。

 私の責務は、この混乱期に何とかお客さんや事務所スタッフを護り切るって事です。事務所内の感染防止に努める事ももちろんですが、お客さんやスタッフの経済活動を護る事がむしろ本分だと思っています。自分でできる事にもちろん限界はありますが、無い知恵を絞って頑張らないとアカンと心する次第です。



 夕食後、2時間ほどリビングでゴロリと寝転がりながら勉強を。

 コロナウィルスの緊急事態宣言下のゴールデンウィークの過ごし方としては、とにかく家や事務所に籠っていれば私に課せられた社会的責任は概ね達成できていると考えても良いはずです。ただ、ボーッと何をせずに籠るだけというのは苦痛ですから、デスクワークをしたり、仕事絡みの勉強をしたり...。

 あまりに時間が長いので、だんだん仕事絡みの勉強をする事も退屈しのぎには丁度良いなあくらいの感覚になってきました。ここが普段の遊ぶ事がいっぱいあってウキウキ気分のゴールデンウィークと違うところです。まあ、良い事か悪い事かは分かりませんが。
 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR