FC2ブログ

野垣家発祥の地へドライブ

  5月17日。日曜日。

 特にやる事のない休日なので、朝から篠山盆地にある野垣家発祥の地と言われている場所まで嫁さんとドライブへ。

 コロナウィルス騒動で3ヶ月近くランニング以外では、どこにも行かず、何もせずだったので大阪府の外出自粛要請が段階的に解除に成り出したタイミングを捕まえて行ってみる事にしました。

 まあ、良いのか悪いのか分かりませんが、車の中に乗っているだけなので感染リスクも低いだろうという判断です。自粛警察に追及されたら怖いなあ。



 野垣家の本家は篠山の近傍のJR福知山線谷川駅にほど近い太田というところにある(父親の実家です。私も子どもの時に何度もお世話になったので私の田舎でもあります。)のですが、そこに移ってくる前は篠山盆地を戦国時代に統治していた波多野氏の居城である八上城の東山麓にある「野々垣」という集落に居たという事になっています。

 まあ、これは地名と名字が一致しているのでほぼ確実なんだと思います。

 この八上城ってお城は、NHK大河ドラマで今年に取り上げられている明智光秀が織田信長の命で丹波攻略に取り組んだ際、1年間に及ぶ壮絶な籠城戦で抵抗したお城です。俗説では明智光秀の母親を人質に取って交渉決裂時に磔にしたと言われており、真偽の程は別として相当激しい抵抗を繰り返したことだけは事実の様です。

 「野々垣」はその八上城の東麓にあり、京都方面から攻め上ってきた場合の正面にあたる場所。野々垣口と言って八上城の本丸に繋がる城門(野々垣大道という表記がされている地図もあります。)があった要地でもあります。

 おそらく、その明智光秀に攻められた時に「野々垣」を捨てて今のところに移ったのでは...という話(所説あるようです。)ですが、それ以上の事は分かりません。

 先祖さんも時代が時代だっただけに、自分たちの地所を守るために必死で戦ったんだろうなあと思います。今は丸っきり平和な景色(当たり前です。)で、そんな壮絶な過去があったなんて思いもよりませんがね。

 今日はその「野々垣」のすぐ横、八上城の山裾にある「弓月神社」にお参りするのが目的。

 この神社。地元の人に護られている小さなお社なんですが、日本ユダヤ同祖論を論じる人達がこの神社の「弓月」という名前は「弓月の君」というユダヤ系の渡来人(後の秦氏)の名称の事であり、この神社の本殿に打たれている社章は天皇家の菊の御紋と同じ物が入っている事からも皇室とユダヤの繋がりが...なんて話をまことしやかに論じている記事を目にする事が昔から何度もあったので、この際だから現地を見てこようかという話になった訳です。

 真偽の程は分かりませんが、面白い話ではあります。

 現地に行ったところ、本当に小さなお社でしたが、鳥居に「正一位弓月神社」の額が掛けてありました。よく手入れはされていたので地元の人に大切にされているのだろうなあという事が伝わってくる感じ。また本殿は柏原藩の宮大工で彫り物師 中井権次一統の見事な龍の彫り物が入れられており(1800年代前半ですから江戸の後半から幕末ですね。)、格式の高さが伺えました。

 山の北麓にある事から神社全体が苔むしており、独特の雰囲気です。人っ子一人いないシーンとした神社で、手を合わせてゆっくりとお参り。

 これだけを見に来たという事と、コロナウィルスの外出自粛が解けた訳ではないという事で観光地化されている篠山城や篠山城下には一切立ち寄らずにそのまま帰宅(途中、立杭焼の里に寄ってご飯だけは食べましたが。玉子ご飯の専門店。これが結構いけました。)。

 我が家から篠山まで走ると丁度42km前後。アップダウンが激しくって結構きついコースですが、今までに何度か一人でランニングでこのコースを辿った際に「野々垣」の集落を通過しましたが、「弓月神社」までは気が回らずでした。

 って事で、今回が初見。現地に訪れてみて何となく納得の良い神社だと思いました。

 先祖がどんな暮らしをして、どんな歴史を辿ったのかについては、今となっては辿り切れず想像力を逞しくするしかありませんが、今ある私の暮らしもそんな先祖さんの営みの結果ですから先祖さんに思いを致すって事は大切だと思います。こういう所を訪ねると、自分自身が先祖から子孫に繋がる一本の糸の線上に居る事が実感でき、先祖さんが喜んでくれる生き様或いは子孫が誇れる生き様を意識して生活せんとアカンなあと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR