FC2ブログ

不思議な夢

 ここのところあまり夢なんて見た記憶が無かったのですが、昨晩はえらい鮮明な夢を見ました。

 そこで、ちょっと訳が分からない夢の顛末を一席。

 台風が通過した直後らしく、かなり流れの激しい川の中州を一人で歩き下っていました。なんで歩いていたのか意味不明です。

 なんとなく自分の中では武庫川だという事になっているのですが、そもそも私は武庫川とそんなに縁が深い訳でもありません。なぜ武庫川が夢に出てくるのか不思議と言えば不思議ですね。

 台風の直後ですから水が濁っているのが普通でしょうが、夢の中では透き通った清流だった(妙に印象に残っています。)のも屁妙な事です。透き通った清流という事ですから、色付きの夢を観ていたのでしょう。

 中州の先端が5m程度の滝状になって切れていたので、岩登りの要領でクライムダウンしましたが、そこから先は中州が途切れて激流が流れているのみ。歩いて下れるのはここまで。行き止まりです。

 数百m先に橋が見えるのですが、橋の袂の土手まで泳ぎ渡ると街に出れそうなのでそのままザブンと川に飛び込みました。後から考えると、なんでそんな危ない決断をしたのかよく分かりません。あまり危険を感じず、まさに飄々とした感じで意思決定をしていました。

 あとは激流に揉まれながらなんとか橋の袂の土手まで泳ぎ切ると、工事のおっちゃん達が集まってきて「よう頑張ったなあ。」と口々に誉めてくれます(なんで美女ではなくて工事のおっちゃん達なんかなあ。残念な夢やねえ。)。まあ、ちょっと誇らしい気分です。

 おっちゃん達のうちの一人が警察に届けを出しに行ったら賞金を貰えると言うので、そこから警察まで黙々と歩いて行きました。結構遠かったような気が...。

 ようやく警察署に到着して、受付で顛末を話すと、「この書類に内容を書いてもらえると賞金が出ます。」との事。至極真面目に書類を作成して念願の賞金を手に入れたのですが、あまり金額は大きくなかったような...。それでも何人かの警察官の方が拍手をしてくれたのでちょっと嬉しいような...。



 なんじゃこれというような夢ですが、妙にリアリティを感じる夢でした。特に激流を泳ぐ辺りは完全にカラー映像で、スリルいっぱい。アクション映画のサビの部分ですが、手に汗握る感じ。

 目が覚めた後、ちょっとしんどかったような、嬉しかったような変な感じでした。



 こうして文章にしてみると、やっぱり何のことかよく分からないですよね(笑)。

 夏目漱石が「夢十夜」って小説を書いていますが、なんだか不思議な感じだけは小説中の雰囲気そのものでした。もっとも内容に至っては、何の含蓄を含んだようなものでもないのが残念ですが(笑)。

 これって夢判断をしてもらうとどうなるんでしょうかねえ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR