FC2ブログ

成分献血

 昨日は昼から某上場企業の株主総会の予行練習。監査役という立場で出席です。



 夕方からお客さんと食事をする予定が入っていたので、3時間ほど時間が空いた(池田の事務所に戻るのもたいへんだし...。)ので時間調整も兼ねて西梅田の献血ルームで成分献血をすることに。

 今年は日常生活の忙しさに気を取られてか、成分献血は2回目。献血マニアとしては低調な一年間となりました。

 綺麗な献血ルームではテレビを見ながらの採血になりますが、普段自宅にテレビが無いので久々に見るテレビに見入ってしまいました。最初から終わりまで1時間半ほどかかりましたが、すっかりリラックスモード。

 何となくいいことしたなあという満足感も感じながら、寛ぎ感満載のひと時でした。

献血結果

 前のブログにも書いたのですが、先の7月25日にやった成分献血の際の血液検査結果がネットで送られてきました。

 ありがたいことに全て正常値。


 ただ幾分コレステロールの値が若干高め。そう言えば最近太り気味だからなあ~。



 献血って、何だか世の中の役に立っているという嬉しい感覚が味わえると共に、ついでに簡単な健康診断まで出来てしまう優れものです。

 時間の許す合間を見つけて、そこそこまめに通うとしようと再び決意した瞬間でした。

献血

 先ほどのブログニも書きましたが、一昨日献血に行ってきました。

 経緯はこの前のブログを読んでもらうこととして、献血について一筆献上。



 いつもは梅田にある阪急グランドビル25階にある献血ルームに行っているのですが、一昨日は西梅田にも献血ルームがあるのを知りそちらの方へ。

 場所はヒルトンプラザウエストオフィスタワー10階。

 最近できたちょっとこ洒落たビルです。

 献血に来た人の数が阪急グランドビルよりもはるかに少ない感じで、結構空いていました。こっちの方が待ち時間を気にすることもないので快適な感じです。

 これやったら今後はこっちでするかって感じです。



 成分献血ですから、いったん採取した血液のうち有効成分だけを採取して残りを体に返すという形式ですから、体にダメージが少ないという事らしいです。が、時間が1時間強かかるのが弱点。

 仕事をしていて、今回のようにポコンとエアポケットのように次のアポイントとの間に空き時間ができてしまった時くらいしかやりにくいなあと思います(仕方がありませんが。)。よくやる400ml献血だと5~10分であっという間ですから、仕事のついでに献血車を見かけたらちょいとやってもらうことも可能なんですが。

 いつもはそうでもないのですが、今回は採決の針がなんだかチクッと痛くって採決の1時間強の間中ずっと気になっていました。何だか当たり所がちょっと悪かったようです。でも当たり所が悪いと言って別の場所にチクッと指し直されるのも嫌な感じでしたから、そのまま何ともない顔をして我慢していました。

 献血って、誰がどういう考え方をしてもまさに人のお役に立つ良い行いなんですが、この針がチクッとするのだけがちょっとなあと思います(仕方ないんですけどね。)。自分自身としてもちょっと「良い奴」だなあと自覚できるための代償というやつなんでしょうか。



 献血が終わるとジュースやアイスクリームを貰って、ちょっと休憩。

 子供の時は夢にも思っていませんでしたが、50歳を超えたオッチャンでもジュースやアイスクリームを貰うと無邪気に嬉しいもんなんですね。ちょっと気恥ずかしいですが、素直にカミングアウトすれば、そうです。

 なんか良いことをした後のご褒美みたいなもんです。



 最後にちょっとした粗品(今回は割と洒落た感じのメモ用紙とたこ焼きのペンスタンド)まで貰って、ちょっとニンマリ。まさに子供がおもちゃを貰って嬉しそうな顔をしているのと全く同じです。別にそれが欲しい訳でもないのに、何故だか嬉しい小さな自分です。



 2時間ほど時間を潰す必要がある時なんかには、夏場の暑い盛りに冷房のしっかり効いた場所で、フルリクライニングの椅子で横たわりながら、ジュースやコーヒーを頂き、最後に粗品まで貰えるってのは、何だか最高に都合のいい場所のようにも思えてしまいます。

成分献血

 今朝メールを見ていると献血倶楽部から、B型の血小板がどうやら不足
しそうなので今日中に成分献血をお願いできませんかという依頼が来て
いました。

 「そら、行かなあかんやろ。」ってことで15時位からのスケジュールを一生懸
命に調整して阪急32番街の25階にある献血ルームに駆けつけて成分献血
をしてきました。

 単に自分の血液を分けてあげるだけで、とにかく誰かの命を助けれる
んですから嬉しい事です。自分自身でもそんなに必死の努力をしなくとも
少なくとも誰にも迷惑を掛けずに社会貢献できたっていう自己満足を感じ
れるのが何とも言えません。

 受付や成分献血前の検査の時点、さらには成分献血の時点でもやたら
と「急な献血お願いに応じて頂いてありがとうございます。感謝します。」
的な事を言ってもらえて、嬉しいことしきりです。

 俺って偉いやん的な感覚で通算20回目の献血を終えました。



 ちなみに急な献血養成メールに応答したお礼と20回目の献血という事への
記念品、さらには毎回献血した時に貰える粗品なんてものも貰えて、何とな
く無邪気に嬉しいのもポイントです。

 洗濯洗剤一回分、歯磨きセット、ハンドソープセットそしてマクドナルドのハンバーガー
券(年末まで使用可)をゲットして、なんだか本末転倒ですが、今日も一日頑
張って儲けたで~的な充実感も〇でした。

本日献血

 お盆の真っ只中ですが、出勤。

 事務所も私を含めて3名のみの出勤ですから開店休業状態です。

 午前中はゴチャゴチャとデスクワークをして、昼から某上場企業の労働組合の
監査を受託している関係で、北浜にある会社へ訪問してきました。

 世間は完全にお休みモードでした。



 全ての用事を済ませて梅田に戻ってきたら15時半頃でしたから、ちょっ
と時間がありましたから、そのまま梅田グランドビル25階の献血ルームに行っ
て成分献血をしてきました。

 前回の7月27日の時には成分献血を始めてするにあたっての心電図検
査で喧々諤々(心筋梗塞の疑いがかかりました。間違いということがはっ
きりしたので最終的にはOKでしたが。)の出来事がありましたが、今回は
2回目という事もありスムーズに成分献血に進みました。

 今回で通算19回目の献血ということになりました。20回の大台まであと
一歩(何を頑張っているのかよく分かりませんが。)。

 献血が終わった後の何とも言えない「いい事したなあ。」感が好きでやっ
てます。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR