FC2ブログ

なんとかかんとかランニング 暑いよ~

  8月 9日。金曜日。

 5時半起床。さすがに起きてすぐにスッキリという訳にもいかず、ダイニングテーブルでしばらくボーッとたたずむ。

 6時過ぎから朝ラン。既に太陽の日射がきつい。走る気力がみるみる下がっていくのが分かる。

 とにかくランニングは細く長くトレーニングを続けるのが大事だと自分に言い聞かせて、我慢のランニング。

 箕面周回大コース 8.6kmをユルユルの6分10秒/kmペースで走り切る。



 昨日は、午前中は新たに顧問契約をした地主さんのお宅にお伺いして、住宅取得に関する相談に対応。

 午後からは企業防衛の取組について所内で打ち合わせ。夕方はTKC近畿大阪会のニューメンバーズ実務セミナーで講演と懇親会。

 数件のお客さんと電話でやりとり。直接会って話さないと埒が開かない案件が2件ほど出て来たので、半月以内にアポイントを設定することに。

 淡々と仕事やTKCの会務と向き合う。

 暑くて気力が相対的に減退している感じだが、こんな全体的にモチベーションが低い時期には目の前の用事を気真面目に淡々とこなしてやり過ごすしか手が無い気がする。

 

大同生命事業報告会で東京一泊二日の出張

  8月 6日。火曜日。

 12時から東京で公益法人特別研究会の創立10周年記念セミナーに参加するために9時の飛行機に乗って飯田橋のホテル メトロポリタン エドモントへ。

 TAX JAPANのプロジェクト委員になってからだから10年以上はTKC近畿大阪会の代表で連結納税や公益法人会計の研究会の代表を務めてきたことになる。途中で何度も時々の会長に任期が長くなるから後任に役職を譲りたい旨を上申していたのだが、後任が見当たらないとの一言で延々とこの役職を務めてきたことになる。

 ここ数年は公益法人特別研究会も目立った動きが無かったのでズルスルと長期間続けて来たけれども、さすがに会長職を務めながら兼務というのはきついという事で、後任にようやく職を譲る事ができたお蔭で今回が最後のお勤めだ。

 結果的に公益法人会計や公益法人制度改正にも詳しくなったためにこの分野のお客さんとも10件ほど仕事上のお付き合いができるようになったので、営業的に考えても苦労が実った形になったと言える。

 ただ、この役職を引き受けた当初は周辺の先生方に研究会運営の協力をお願いしても、「何をやっているのか意味が分からない。」とか「そんな実に成らない事をしている暇は無い。」なんていう悲しいお断りをいっぱい頂いて、悲しい気分になっていたので隔世の感がある。

 やっぱり商売というのは目の前の損得だけを見ていても駄目で、その時に多少は???な感じでも先を見て長めの視点で取り組まないと上手く育たないもんだなあとつくづく思う。



 15時からは場所をホテル オークラに変えて、大同生命の事業報告会に参加する。

 全国20地域会の会長と企業防衛委員会の正副委員長が参加して、大同生命の会長や社長から直接的に決算や事業報告を聞いたり、相互に意見交換をする会だ。毎年、夏真っ盛りのこの時期に開催されて、今回で3回目の出席になる。

 まあ、これだけTKC全国会と大同生命の提携関係が密接になったのは、大同生命がTKC全国会の理念を上っ面では無く深いところで理解して頂き、親身にTKC全国会活動に協力頂いているからであって、とてもその場凌ぎのポージングでこんな関係性が構築できるものではないよなあと思う。

 生命保険業界の同業他社からは垂涎の提携関係に見えるらしく、いろいろなライバル会社から個々の会員事務所へアプローチがあるけれども、どれも表面上のニコニコ笑顔で近付いてくる根の浅いアプローチなんで他の追従を許さない状況だというのもさもありなん。

 合わせて49歳でプロゴルファーに成られた田村尚之さんの講演も聞く。なんだか彼がゴルフのあれこれを喋ると随分とゴルフが簡単に聞こえるのだが...。

 TKC近畿大阪会の会長職を務めるようになってからは、仕事とTKC会務、さらに楽しみのランニングのバランスを取るのがたいへんになり、ゴルフはほとんどやれなくなってしまったのだが、田村さんのメソッドだとそんな自分でもゴルフが上手くなりそうな気がするから不思議だ(笑)。



  8月 7日。水曜日。

 5時起床。顔を洗って、寝惚けた身体を目覚めさせて朝ランをする。

 ホテル オークラから六本木を抜けて、青山周辺をフラフラと走る。六本木はまだ昨夜の酔客がフラフラと街を浮遊していて、朝ランをしているこちらとのギャップ感が凄い。

 今日は9時に羽田発の飛行機に乗って帰阪。そのまま仕事をする予定なので、走れる時間は小一時間。

 まだ太陽の日射がきつくなる前の時間帯なので、暑いながらもどうにかフラフラと朝ランを楽しめる感じだ。六本木や青山はあまり来た事の無い場所なんで物見遊山。散歩の感覚でゆっくりと走る。

 総距離は7km。総平均ペースは6分30秒/km程度だからまさに散歩の延長で、走らないよりはマシと言った程度の朝ランになった。



 昼前に事務所に戻って、スタッフからの担当案件の個別相談を受ける。今回の一泊二日の東京出張はパソコンを持って行かなかったので、昨日の分からの日報やメールのチェックもバタバタと..。

 昼一から、事務所の応接室で担当スタッフと一緒にお客さんと面談。同業の方と運営している共同仕入会社の数値管理がテーマ。商品を卸す会社の請求書がルーズで、先方が管理したい数値と当方の月次で報告している数値が微妙に噛み合わずストレスが発生していたのだが、MR設計ツールを活用して編集作成した資料で解決できる事が分かりホッとひと息だ。

 その後、遺産分割で揉め事が起こっている相談を一件、対応する。色々と話を聴いていると完全に遺産の分け方の話で、非弁行為にならないように業際をしっかりと意識して対応していかねばならない案件であった。

 夕方から、新規契約で顧問関与が決まったお客さんの自宅兼オフィスを担当スタッフと訪問して、現状の問題点や今後の当方の指導方針、最後に契約書の締結までを一気に取り纏めた。

 事務所を開業して23年になるが、何年経っても新規でお客さんになって頂ける瞬間というのは嬉しいものだ。

 会社としても課題も鮮明になっているので、担当スタッフが頑張って自計化で月次試算表が作成できる体制を立ち上げてしまって、社長としっかりと打ち合わせた上で予算実績対比分析をマメに行える状態まで持って行きたいなあと思う。

 自宅には21時頃に帰宅。さすがに昨日からの二日間はTKC関連の行事や仕事が盛り沢山でグッタリと疲れた。簡単な夕食を摂って、そのまま就寝。ロングスリーパーの私には睡眠が最高のカンフル剤だ。

 

 

高野山 町石道をマラニック

  8月 5日。月曜日。

 自営業というのは、自分の休暇を意識的にコントロールしないと、気が付けば1ヶ月くらい碌に休んでいなかったり、正月やゴールデンウィーク、夏休みを全く取らなかったり...なんて事が簡単に起こってしまう。

 まあ、それだけ仕事に没頭していても、いささか疲れはするけれども、大きなストレスとして積み上がって行かないというのは幸せな事だと思うのだが、私も人の子。人並みとは言わないまでも、人が働いている時に自分だけちょっとした優越感を抱きながら遊んでみたいというセコイ気持ちが抑えられず、この夏初めての休暇を貰って高野山に走りに行く事とした。

 セコイ事にかけては人語に落ちないミミチイ休暇の取り方である。

 高野山の麓の九度山にある慈尊院から高野山の大伽藍まで続く町石道(約20km)を走るのだが、道中はずっと樹々に覆われて直射日光に当たらずに済むし、頂上の大伽藍は標高が800m程度なので涼しいというのが魅力のコースだ。最もスタートからゴールの標高差が800m弱あるのでそれなりに足腰に負荷がかかるけれども、ここ最近はずっとダラダラ気味のトレーニングだから多少は刺激を入れないとアカンものねえ。

 街中を走るよりは暑さがマシなのだが、やっぱり暑いものは暑くって、どうしてもダラケ切ったトレーニングになってしまう。まあ、やらないよりはマシかといって程度のユルユルトレーニングだ。結局、3時間45分くらいかかって山上まで駆け上がった(嫌、歩き上がった?)事になる。

 調子はいまいち。本当にダラダラと走ったり、傾斜がきつい部分は歩いたり...。切れが無い走りでも走らないよりはマシだ。

 道中、湿気がかなりきつくて、4匹の蛇と鉢合わせになる。これには参った。

 特に最初に見た2匹は下りの山道をそれなりにスピードを出して走っている中で、突然視界に入ってきた(全コース、樹々に覆われてそれなりに薄暗い山道なので、足元が見にくいという悪条件が重なっていた。)ものだから、踏みそうになってビックリ仰天だ。両足の着地予定地点にそれぞれ1匹づつ居たもので、そのまま着地をしてしまうと踏み潰してしまうところだった。咄嗟にかなり無理な態勢で山道の側壁を蹴って飛び越えたので事なきを得たけれども肝を冷やす。

 蛇を踏み潰してしまうと、寝覚めが悪いよなあ。

 3匹目は上りの道をゆっくりと走っていると、最初は大きな枝が落ちていると思ってゆっくりと飛び越そうとしたのだが、飛び越す直前に大枝がズルズルと動き出したもので、咄嗟に後ずさって助かった。彼が動かなければそのまま飛び越していたところだ。かなり大きな青大将だった。襲われはしないかっただろうけれどもさすがにビックリだ。

 4匹目はゴールまで3~4kmほどの地点で、精根尽きて歩いていたら自分の足元を小さな子蛇がチョロチョロと動いていた。蛇を跨いでから気が付いたので、全身から冷汗が噴き出した。

 町石道のランニングコースは先ほど書いたように涼しくって夏の暑い時期に街中を走る事を思うとかなり走り易いために、よく独りで走りに来るのだが、こんなに次から次に蛇にお目にかかるのは珍しい。せいぜい2~3回走って、1匹目にするかどうかくらいなのだけどなあ。今日は蛇の当り日だ。

 普段なら同じコースを、帰りは全面的に下り基調になるのでそれなりに飛ばして走り下るのだが、この分だと何匹か蛇を踏み殺してしまいそうなので往復ランは諦めて、壇上伽藍から南海極楽橋駅まで7kmほど歩き下ってトレーニングはお終いとする。

 壇上伽藍から南海極楽橋駅まで走って帰っても良かった(完全に下りしかない快適なコースです。結構傾斜がきついので脚に負荷がかかりますが、スピードはそれなりに出るので走っていて楽しいコースです。)のだが、何故か今日は次から次にお客さんや提携業者の方から私の携帯電話に長目の電話相談が立て続けに4件ほど入ったので、歩きスマホであれこれと喋っていたら駅に着いていたという寸法だ。

 午前中にも2件ほど電話がかかっていたので、今日は蛇と電話の当り日であった。
 
 

日曜日だけど走る気になれず 申し訳程度に箕面の滝道を往復ラン

  8月 4日。日曜日。

 暑い。とにかく暑い。

 これだけ暑ければ、気力減退。走る気力もちっとも湧かない。まあ、これだけの猛暑の中を走るのは正気の沙汰とも思えない行為だからねえ。

 嫌がる自分を何とかなだめ聞かせて、暑さが結構マシになる箕面の滝道を走る事とする。

 箕面駅から箕面滝の往復コースだが、渓の底を走るので渓流沿いにヒンヤリとした空気が漂い、両尾根から木々が張り出して直射日光が差さないので街中を走るよりは2~4度は涼しい。とは言ってもやっぱりそれなりには暑いのだが。

 箕面駅と箕面滝の間は標高差が100m程度はあるのだろうか。幾分の上り勾配を行きは走り上り、帰りはひたすら下る。復路はペースはそれなりに上がるはずだが、一向に躍動感を感じないダラダラペースで走っている自分が情けない。まあ、気分が乗らないんだから仕方がないか。

 気分が乗らないのでダラダラペースで走る。往復で5km強。総平均ペースは5分55秒/km。

 まあ、とにかく走らないよりは幾分マシといった程度の練習になる。



 義母の体調が思わしくなく、一昨日にいったんは退院していたのだが、再入院となる。午前中から病院に付き添い、いろいろな検査に立ち会って、とりあえず今後の方針をお医者さんと相談する。高齢なので、ちょっとした環境の変化ですぐに体調を崩してしまうために、特に気候が厳しい時期は気を付けないとアカン。

 なんだかんだと嫁さんと一緒に付き添いをしていて、自宅に帰ってきたら夕方前になっていた。

 一日中、ボーッと立ったり座ったりの手持無沙汰な時間を過ごし、特に自分が何かをした訳ではないのだが、気疲れをする。

 早めに晩御飯を食べて、小学生もビックリの20時前後に就寝。

静岡出張 朝ランはちょっと距離を伸ばして頑張る

  8月 2日。金曜日。

 5時過ぎから自宅を出発して、車で静岡に向かう。

 今日は静岡にあるうちのお客さん同士の業務提携を前提とした顔合わせだ。職人を多数抱えておられる人材に強みを持っておられるお客さんと、業務ノウハウや受注は大量にあるけれども人不足で困っておられるお客さんの業務マッチングである。たまたま、うちのお客さん同士でそれぞれの強みと弱みが相互補完できそうなので、うちの事務所が間に入って業務提携の交渉に入ったのだが、上手く事が進んでくれればありがたいのだけれどもなあ。

 焼津で一方のお客さんと合流して、本日の現場がある箱根のホテルに向かう。とりあえず仕事の現場で顔合わせをして、現場仕事をしっかりと社長さんに認識してもらうのが目的だ。私が現場も分からず下手な説明をするより、「百聞は一見に如かず。」方式で現場を実感してもらう方が良かろうという事だ。

 とりあえず今日は金銭面の細かな話は置いておいて、現場仕事を観察してもらって、今後半月位の間に何度かお会いする機会をセッティングして業務提携の話を詰めていこうという段取りで動いているところ。

 現場の見学を終えて、そのまま社長さんと焼津まで帰って来て地元の美味しい寿司屋さんで晩御飯をご一緒する。地元の美味しい食材で舌鼓。出張の楽しみの一つだ。今晩は焼津のビジネスホテルで一泊なので、ゆっくりと御馳走を楽しませて頂く。

 ありがたいことだ。



  8月 3日。土曜日。

 5時過ぎに起床。

 焼津の朝ランは瀬戸川の堤防上を川上に向かって走って行って折り返すのが定番コースになりつつある。堤防上は樹が生い茂っており、日射を防いでくれるのも嬉しいのだが、風も適当に吹くので夏の暑い時期には最高のランニングコースだ。

 今日はこのまま大阪に車で戻るだけで、仕事の予定が入っていないために時間の余裕があるので、普段より足を延ばして藤枝市の勝草橋を越えてさらに国道1号線の手前まで走って折り返す。行きは右岸側の堤防上を走ったが、帰りは試しに左岸側の堤防上を走ってみたのだが、こちらは日影が右岸側よりずっと少なくってちょっと失敗だった。

 距離は16km。総平均ペースは6分12秒/km。前半は太陽が昇り切っておらず6分を切るペースで走っていたけれども、後半になって日射がきつくなってペースがガクンと落ちた感じだ。まあ、暑けりゃあ走る気になれないわなあ...。

 ランニング後はビジネスホテルの大浴場でゆっくりと朝風呂。

 ゆっくりと朝食を食べてから、9時過ぎから大阪に向かって車を走らせる。

 ギラギラと太陽が照り付ける中を車で走っていると、クーラーをフルに利かせていても、何だか暑い。

 まあ、一年で一番暑いタイミングだから辛抱するしか仕方があるまい。

 昼過ぎに帰宅して、その後は自宅で「ケン」と遊びながらダラダラ。極楽である。

8月スタート とりあえず朝ラン

  8月 1日。木曜日。

 いよいよ8月がスタート。とにかく暑い。

 とりあえず淡々と朝ランへ。お日様がちょっと強くなり出した7時前から走り始めたので、日射が肌に突き刺さるようだ。

 辛い。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 何も考えず、ボーッとしながらとりあえず朝ランのノルマは果たす。

 総平均ペースは6分/kmだから、本当にユルユルな感じのランニングだ。まあ、この暑さの中だから無理は禁物。とにかく走っているだけでも充分に偉いという事にしておく。



 今日は事務所の8月の月初会議。

 もう7月下旬からうちのスタッフ達は税理士試験の受験の追い込みという事もあって、休暇を取る人が目立っていてガラーンとした感じになっていたのだが、今日は久々に全員出席だ。

 14時からTKC近畿大阪会を代表して某地銀本店に出向いて、提携関係についての打ち合わせ。

 とにかく暑い!

 18時過ぎに早々に帰宅。まだ、陽も高いのだが、こんな時間帯に家に帰って「ケン」とウダウダと遊べる幸せ。ありがたい事である。




 

辛うじて朝ラン

  7月31日。水曜日。

 なんとかかんとかベッドから抜け出したが、走る気になれず。このままレストにしてしまおうという誘惑と闘っている間に時間が刻々と過ぎて(なんとも無駄な時間である。トホホ。)しまい、7時過ぎにようやく走り始める。

 気持ちは↓↓↓なので、数kmぐらいを歩くようなスピードで走っておけばとりあえずお茶を濁した感じになるよなあという気分でスタート。

 既に気温は29度。太陽がギラギラと輝いていてメンタルがやられる感じだ。

 嫌々の走り出しだが、1~2kmほど走っていると、ゾーンに入って何も考えずボーッと走り続ける状態に...。そのままいつもの箕面周回大コース 8.6kmを走り切る事になった。

 総平均ペースは5分50秒/kmだから、低いモチベーションで走っていたにしてはそれほど悪いペースでも無しってところか。

 ここ最近はとにかく走りさへすればという気持ちで最低限のランニングを続けているが、ちょっとでも自己ベストを上げていくという気持ちで振り返るとこんな練習じゃあ駄目だなあと思う。

 自分への言い訳が先行している練習じゃあ本当に自分が納得できる精一杯攻めたレースには程遠い。やっぱり目的意識をはっきりとさせてそれなりに負荷を掛けて頑張らんとなあ...。

 仕事との両立がテーマだから限界はあるものの、もうちょっとその限界に切れ込んで行くような練習をせんとスッキリせんわなあ。



 昨日は、午前中はスタッフに同行して決算申告の報告と重要な営業取引に関わる契約書の記載方法についての打ち合わせ。そのまま昼過ぎから経営者死亡に伴う事業廃止と相続税申告について奥さんと打ち合わせ。さらに某労働組合の監査の件でお客さんのところに訪問。

 その前後に、スタッフと担当案件のハンドリングについての打ち合わせや、お客さん同士の協業を目的とした引き合わせの段取りなど事務仕事も多数。あと、新たな仕事の依頼なども何件か声掛けがあって、結構バタバタして忙しかった。

 車で3件のお客さんを次々と訪ねたのだが、冷房を最大限利かせていたにもかかわらず、どことなく暑い。まあ、今が一年で一番暑い時期だから致し方ないのだが、早く猛暑もひと段落して欲しいものだ。

 税理士試験前のこの時期(うちのスタッフの大半が受験中です。試験勉強という意味ではラストスパートの一番大変な時期です。)は、うちのスタッフも有給休暇を取ったり、就業時間終了直後にバタバタと退社したりで、17時を過ぎると事務所がどことなくガラーンとしています。ガラーンとした感じになるのが通常より1時間ちょっと早い感じ。まあ、試験直前期だから精一杯頑張って欲しいもんですが、どうなることやら。

いまいち調子が出ない朝ラン

  7月30日。火曜日。

 昨日に引き続いて朝ラン。起き抜けからいまいちの体調。しんどい訳じゃあないけど、何だかスッキリ感がない。ダルいまではいかないんだけれどもシャッキとしない...。

 走りに出るのも気が進まない。

 愚図愚図する自分を何とかなだめすかして、朝ランのウエアに着替え。それでもまだ家の外に出たくない病が治らない。

 まあ、そんなごねる子供をなだめすかす感じで朝ラン開始。

 今日もペースは一切気にせずに箕面周回大コース 8.6kmを走り切っただけで偉いという事にして走る。

 外気温は既に28度だから、かなり暑い。幸い今日も曇り空で太陽が顔を出さないお蔭で肌が漕げる様な日射が無いだけ走り易い。

 コースを走っている途中は、ずっといまいち感が漂う走り。スピードが乗らないって言えば良いのか。

 「まあ、こんな日もあるわ。」と自分に言い聞かせて、とりあえず今日のランニングノルマをこなす。

 走り終わって手元のGPSを見ると総平均ペースは5分50秒/kmで走っていたので、確かには決して速いペースとは言えないけれども、悪いなりにはそこそこって感じのペースだ。



 ここのところ仕事は、新規のお客さんとの顧問契約、さらにその後の担当スタッフとお客さんの顔合わせと業務の立ち上げの手伝いが続く。また、既存のお客さんの決算や相続の打ち合わせに担当スタッフから同行を求められて付き添うケースも。

 結構、バタバタと仕事が立て込んで忙しい。

 昨日も、午前中はスタッフと同行する事になった案件を何件か打ち合わせ。

 昼一は新規のお客さんと担当することになったスタッフとの顔合わせ、さらに今後の業務の打ち合わせ。

 その後、病院にお見舞いで顔を出してからは、事務所で引き続きスタッフと様々な案件のハンドリングについて打ち合わせ。
 
 仕事の潮の変わり目なのか、スタッフからの日報や個別相談の中でお客さんの事業経営のモードチェンジのタイミングだと感じる案件が多く、あれこれとアドバイスせんとアカンと思うケースが立て続けに発生している。

 必要とあらばスタッフと同行して、私が提案や説明をせねばならない事案も多くて結構忙しい。

 スタッフの成長のためには、後方でアドバイスや評価はするものの基本的には本人に責任を持たせて全てお任せとしてしまう方が良いと個人的には思っているものの、お客さんからお金を貰ってサービス提供している厳粛な事実があるので事務所のサービス水準を落せる筈も無いので、必要に応じて所長が助けに入る事はやむを得ないと思う。

 要はスタッフの教育とサービス品質の維持のバランスが大切。経営者はそこの綾を見極めてハンドリングをしていかんとあかんと思う。難しい事ですが。



 夜は次女が池田に来たので、嫁さんと3人でゆっくりと外食。

 日頃、仕事やTKC関連の行事で外食が多いし、元々から家でゆっくりとご飯を食べてドテッとその場で横になるのが無上の喜びとしているのだけれども、そこは共働きの悲しさ。どうしてもちょっとご馳走を食べようかという話になると、手っ取り早く外食になってしまうのは致し方あるまい。

朝ラン再開

 先週はずっと仕事でバタバタ。この土日の週末も仕事が入った事と、一週間の疲れが吹き出して家もしくは事務所で倒れていたのでランニングは無し。

  7月29日。月曜日。

 再び今日からランニング再開。

 ゆっくりと起床。7時くらいから身繕いを整えてランニング開始。

 既に外気温は28度で蒸し暑い。ドンヨリとした曇り空なので、ギラギラの日射が無いのが助かる。

 庭のシマトネリコの樹にクマゼミがビッシリとしがみついて、けたたましく泣き叫んでいて、その声を聞くだけで暑さが一層増す感じだ。

 コースは超定番の箕面周回大コース 8.6km。

 調子が良い筈も無く、とにかくペースを気にせず淡々と走る。

 昔は走っている間にあれこれと考え事をしたり(もちろん体力的に余裕のある時に限ります。)していたけれども、最近はほとんど何も考えず、走る事に身を委ねてしまっている感じだ。所謂、無の状態に近いのかもしれない。

 走り終わって手元のGPSを確認すると、総平均ペースは5分30秒/km。自分で思ているほど悪いペースでは無い。むしろ調子が良いと判断しても良いレベルだったので、何だかちょっと嬉しい気分になる。

 大汗をかいたので、そのまま朝風呂。

 また、新しい一週間の始まりだ。

 

 

誕生日

  7月26日。金曜日。

 誕生日。

 また、ひとつ歳を取ってしまいました。59歳です。

 もうここまで歳を重ねるとひとつやふたつ年齢が増えたところで誤差の範囲。たいした違いもありません。そもそも歳を取って不自由を感じる事も、今のところ何も生じておらず、哀しいという事でもありません。

 まあ、年齢分だけフケが進行するので、若々しさや元気なんてものから徐々に縁遠くなっていく事自体が人をして加齢をどこか寂しいものと思わせられる要因なんでしょうがね。



 還暦を目前にして、今年一年は仕事関連の抜本的な勉強のやり直し(大棚卸です。)と身体の作り替えで頑張ってみようかと...。やっぱり還暦って人生の大きな節目ですし、人生の最終版の入り口ですから、生き方のモードもそれなりに変えていかなきゃあならんわなあって事です。

 その都度、仕事絡みの知識や情報は仕入れをしてきたのですが、やっぱり抜本的に勉強をし直して、基礎をもう一度補強し直さないと今後の10年は保たないよなあって話です。その場その場の継ぎ接ぎだけではどうしても仕事の領域は収縮していくので、節目節目の大補強が必要になってきます。

 それは自分の身体についても同じ事。やみくもに走ったり泳いだりして身体の手入れはしているつもりですが、仕事の合間に間に合わせのように取り組んでいるに過ぎないので、一度生活全般から見直してみないとアカンなあと思っています。

 まあ、誕生日が来る度にこんな事を思いながら、そのままズルズルと日常生活の中に埋没して、忘却の彼方に...。というパターンになるのが常なんですが(笑)。



 今週はずっと仕事とTKC関連のあれこれに押されてお疲れ気味。朝ランも23日の火曜日からこっちは手が回っていません。22日くらいから梅雨が明けて、例年より遅めではありますが本格的な夏が始まったのですが、仕事ばかりで完全なインドアモードです。

 こんな雰囲気がずっと続くと、せっかく軌道に乗り出していた朝ラン習慣が無くなってしまうので要注意です。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR