FC2ブログ

二日目は鬼怒川ライン下りから始まって日光江戸村で遊ぶ

 朝一から鬼怒川ライン下り。

 船頭さんの操る船で鬼怒川渓谷を6km下るのだが、瀬に入るとそれなりに水しぶきが上がり、爽快感たっぷり。

 一ヶ月ほど前に嫁さんと訪れた釧路川のカヌー下りは艇も小さく、パドルで自分で漕ぎ下る必要があったので、スポーツ感が強かったのだが、こちらはそれに比べると遥かに艇がでっかく(30人くらいは乗っていたような...)って安定感があり、正に遊覧という感じ。ビールでも片手に下ると良い感じだ。

 船頭さんのトークが上手で、ボーッと聞いて阿呆の様に笑っているのが楽しい。喋りができるというのが船頭さんの大切な要件になっているようだ。まあ、サービス業だからねえ。お客さんを愉しませてなんぼなんやねえ。



 その後、日光江戸村へ。

 以前、我が事務所の慰安旅行で伊勢に行った際に訪れた戦国時代村と同じ経営母体だったようで、懐かしの「にゃんまげ」や忍者の戦闘シーンをふんだんに取り入れた芝居、さらにコメディ調の時代劇という構成も基本的にそのまま同じでした。

 まあ、それぞれプロの役者さんが演じているだけあって、同じ様な芝居構成であって落ちが予想できてもしっかりと笑わせてくれるのは大したものです。

 最後に見た両国座のコメディ調の時代劇。既に既視感たっぷりの芝居でしたが、役者さんがしっかりと各々の間を掴んで喋る技術はさすがだなあと思いました。まあ、私は真似ができませんが。



 15時前に日光江戸村を出て、宇都宮のホテルへ向かいました。

 敢えてカーナビが勧める最短経路を取らず、旧日光街道の杉並木が続く国道119号線を忠実にトレースしました。まあ、時間にして5分か10分程度の回り道です。しかし、杉並木が所々は途切れるものの宇都宮近郊までほぼほぼずっと続いていたのにはちょっと驚きでした。さすがは江戸時代の5街道の一つ。主要幹線だったので念入りに手入れをされていたのですねえ。

 距離にして30km程度。歩けば一日足らずの行程です。

 日光街道といっても江戸から宇都宮までは奥州街道と言い、宇都宮から日光までの区間だけが日光街道だそうですが、その距離感が良く分かりました。宇都宮城の釣り天井事件などを思い出し、その位置関係なんかも確かめられてちょっと面白いなあって感じです。

 うちのスタッフにはこの事は喋らず、密かに自分だけで楽しみながらの道中になりました(日光街道云々を喋り出すと、それはそれで長い話になるので...。自己顕示欲バリバリの長講釈になってもアカンし、あんまり興味ないだろうなあと思ってついつい黙ってしまいます。)。
 

 

旅行二日目。朝ラン頑張る!

 10月14日。日曜日。

 慰安旅行二日目。昨夜のアルコールをものともせずに5時過ぎに起床。

 昨夜は21時過ぎに眠ったとは言え、とりあえず偉いぞ! 自分。

 そのまま何も考えずにそそくさとランニングウエアに着替えて5時半頃から朝ラン開始。

 まだ薄暗く、肌寒い中を一人黙々と走る。結構、ストイックな自分に惚れ惚れとする(笑)。

 コースは昨夕走った鬼怒川温泉を周回する1周5kmのコースを周回する事とする。まあ、知らない土地だし、所々に面白味のある景色や光景が広がるので、開拓済みのコースを走っていると無難である。

 コース上の景色も集会を重ねるにつれて見知った風景になって行き馴染みが出てくるのが面白い。やっぱり知っているコースと知らないコースでは距離感も全く異なるのが不思議だ。周回を重ねる毎に一周回の距離が短くなっていくような...。

 結局、朝食の時間から逆算して、朝風呂を愉しむ時間を差し引くと3周回、15kmの朝ランになった。

 まあまあ、よく頑張った口だ。



 そのまま朝風呂。ボーッと口を空けて露天風呂に浸かっていると、このまま口から魂が抜け出してあの世まで飛んで行きそうな感じだ。まあ、そうなったらそうなったで幸せかもしれないなあ...。

 朝食も昨夜と同じブッフェスタイル。案の定、昨夜と全く一緒で親の仇みたいにあれこれと年甲斐も無く食べ過ぎ。何の学習効果も無く、馬鹿の極みだ(笑)。残念!

 

鬼怒川温泉でとりあえず夕方ラン

 さっきのブログに書いたように早めの時間に鬼怒川温泉に到着したのですが、私はそのまま部屋でゆっくりせずに、サッとランニングウエアに着替えて夕方ランに出かけました。

 ダイエットに取り組んでいる最中(最近は中だるみで停滞期なんですが。)なんですが、慰安旅行の最中に所長がそんな事をウジウジと言っているのもしょぼいので、完全慰安旅行期間中は解禁。とにかく楽しく呑んで、食って、温泉に浸かって...に終始しようと思っています(内心、ダイエット解禁の正当事由ができてほくそ笑んでいる残念な私がいるのですが。)。

 まあ、ダイエット解禁の罪滅ぼしとして必ず朝夕にランニングをする事を自分に課したので、部屋に着いてホッと一息という訳にはいきません。ちょっと辛いのですが。

 とりあえず鬼怒川沿いに川上に向かって走り、鬼怒岩橋のところで対岸に渡ると東武鉄道鬼怒川公園駅。ここから川下へ折り返し、そのまま東武鉄道鬼怒川温泉駅まで下ったところで楯岩橋を渡って泊まっている鬼怒川温泉ホテルに戻ってくる5kmちょっとのコースです。

 とりあえず夕食が18時半からなので、今日のところは鬼怒川温泉1周でランニングを切り上げ。

 とにかく嫌でも走るのが私に課した今回の慰安旅行中の命題ですから、ペースは問いません。何が何でも走って、ちょっとでも太るペースを抑える事が大切です。



 ランニング後は、そのまま大浴場へ。40分ほどゆっくりと体を洗って、露天風呂でボーッと惚けていました。まあ極楽ってのはこういう状態を言うのでしょうね。



 18時半から夕食。いわゆるブッフェスタイルに呑み放題セットを付けたので好きなおかずを取り放題、呑み放題。まあ、日頃の貧乏性が出て、こういう取り放題、呑み放題というシチュエーションになると俄然血が騒ぎます。

 還暦直前なんて事は関係がありません。まあ、ジジイが必死になっておかずを取っている姿に美しさはありませんが、この際そういう事を気にしている場合でもありません。まあ、他人様から見たら単なる阿保ジジイですわ。



 食後はみんなでホテルの卓球台を借り切って卓球...。なんですが、私は慰安旅行に来るまでのあれやこれやの激務に昼間の運転疲れが乗っかったところに満腹で胃に血液が行ってしまったあおりで眠たくって、眠たくって...。

 盛り上がるスタッフ達には悪いなあと思いつつも、一人だけ先に部屋に戻って21時過ぎから眠らせてもらいました。

 すまぬ。

 聞けば、うちのスタッフ達は卓球の後はトランプをホテルから借りて来て部屋で大富豪をして夜中まで大いに盛り上がったとの事。

 大貧民って今時の若い人もまだやっていたんですねえ。懐かしい名前を久々に聞きました(笑)。

 


 


慰安旅行で日光、鬼怒川温泉、㈱TKC本社見学の2泊3日旅

 10月13日。土曜日。

 今日から日光、鬼怒川温泉そして㈱TKC宇都宮本社見学の2泊3日の内の事務所の慰安旅行です。

 かねてよりうちのスタッフに㈱TKC本社を見せたくって、ようやく機が熟したという感じ。

 事務所総勢13名のうち、育児や子供の学校の関係で3名、さらにインターン期間のスタッフが1名不参加になったのが残念ですが、これは仕方がありません。

 私はもう17~18年前からTKC全国会のシステム委員長やシステム開発小委員会メンバーとして何度も㈱TKC宇都宮本社やシステム開発研究所を始めとした諸々の部署を見知っていますし、そこで働く社員の方々とも親しくさせてもらっているのですが、うちのスタッフ達にやっぱり日頃の業務インフラを支えてくれている㈱TKCを目で見て、直接肌で感じてもらいたいというのが本音です。

 なにせ我々の業務そのものが飯塚毅名誉会長に端を発し、真面目一本槍で今に至る㈱TKC(不器用な会社だと思います。まあ、私には合ってますが。)の社風と高いプロ意識に支えられている事を身体で感じ、㈱TKCが単なる会計ソフトベンダーと異なるのだという事を知り、格別の愛着を感じて欲しい(それが我々の仕事にもある種の力を与えてくれると思っています。)なあと思っています。



 6時45分に伊丹空港に集合して、成田空港へ向かう便に搭乗。9時過ぎに成田空港に到着して12名乗りのコミューターバスをレンタルして、私が3日間の運転手を務めます(大型の運転免許証が必要なので、私しか運転できません。)。

 この2泊3日はスタッフ達に日頃の仕事の緊張感を忘れて、ノビノビと楽しく過ごして欲しいなあと思っています(まあ、私は世話役。縁の下の力持ちという役処です。)。



 初日は日光東照宮を訪問するだけ。途中、佐野サービスエリアに立ち寄って佐野ラーメンを皆で食しましたが、私にはさほどに美味しいとも思えずでした。まあ、高速道路のサービスエリアですから、こんなものかもしれませんね。

 日光東照宮も20年近く前に一度来ているので、私にとっては物珍しい感じは無し。スタッフの中には初めてという人が多かったのが救いです。物凄くたくさんの観光客が押し寄せていたので、人混みが嫌いな私には苦痛でした。まあ、世界遺産なんだから仕方ありませんよね。

 鬼怒川温泉には夕方早めの時間に入って、宿でゆっくり。まず、慰安旅行初日は無難にスタートしました。

今日はちょっと肌寒い めげずにランニング

 10月12日。金曜日。

 昨日は午後からTKC近畿大阪会の常務理事会。

 世間的にはこういった会議は各部署からの一方的な連絡、報告に終始するケースが多い。しかし私自身は常々こういった会議形式に疑問を感じていたので、なるべく組織が向かうべき方向性の確認や運営上の問題点の検討、各部署間の調整が必要になる項目についての調整など、各部署の代表が顔を揃えるからこそできるディスカッションの割合を高める様にしている。

 もちろん各部署からの連絡、報告事項がいらないのかと言えばそんな事は無いのだが、各部署から事前に山の様に会議資料が提出されているので、阿保じゃないのだから事前に目を通しておけば概ね理解ができる(少なくとも各部署の代表というポジションなんだからそれくらいの事をして会議に臨まないとサボっていると言われても仕方が無いと思うのだけどなあ。)訳で、それでも特に説明をしないと誤解が生じそうな事だけ説明をすれば済むのではないのかと思っている。

 逆に各部署の連絡、報告事項ばかりだと、出席者の緊張感は自分自身の順番が回ってきた時だけ頑張れば良いのであってそれ以外はサボリこそしないまでも思考省略に近い精神状態が続く事こそが問題じゃあないのかなあと考えている。会議で毎度居眠りをしているなんて状態を創り出しちゃあいけないのだということだ。

 お互いに事務所経営の合間にボランティアでTKC近畿大阪会の運営に時間を費やしているのだから、できるだけ短い時間で濃度の濃い会議を行って大きな成果に繋げたいと思っています。小学生じゃなくて、大人の集団なんだからねえ。

 幸いTKC近畿大阪会の理事メンバーからはそんな会議運営に異論は出ずに、一生懸命に議論に参加頂けているようなので助かるなあと思い感謝している。



 6時過ぎに起床。

 着替えを済ませていつもの朝ラン。

 今朝はちょっと肌寒い。走り出すと丁度良い気温なのだが、玄関を出て走り始めるまでの間、ゾクゾクとする感じ。

 コースはいつもの箕面周回大コースに加えて、最後に池田城址を経て五月丘小学校までコースを伸ばして9.2kmになる新コースを開設した。ラストの1km弱がそこそこ登り道が続くコースだ。最後の経路をもう少し模索するとお気に入りコースに昇華できそうだ。あと何回かこのコースを走って、定番化するための最適化をするつもり。

 ペースは意識せず、淡々と走るが、総平均ペースで5分45秒/kmになっていた。出だしの2kmほどが7分/kmのユルユルペースで入っている事と、ラストの1km弱の登りを考えるとまずまず良い感じ。

 ここから2ヶ月ほどが、暑くも寒くも無いランニングのベストシーズンだから、ちょっと距離を伸ばしてしっかりと走れる体を作り上げるつもりだ。もう出る大会、出る大会でDNFを繰り返す醜態から抜け出したいものだ。

 

朝ラン無し 「ケン」の散歩へ

 10月11日。木曜日。

 朝起きると雨。さすがに雨の中を走るほどの気力はないので、朝ランは無し。

 代わりにいつも父親がやっている「ケン」の散歩を請け負いました。父親にしたら毎朝、毎夕の「、一日に二回の割合で「ケン」の散歩に連れて行くのは良い運動になっていて健康維持にも役立っているように思いますが、雨風の日や極端に寒い日は80歳代半ばの身には辛そうなので、仕事が差し込まれてどうしようもない時や二日酔いの時は別として代わってあげるようにしています。

 小一時間ほど傘を差して気紛れに歩く「ケン」の後を付いて歩いて7時過ぎに帰宅。

 ボーッと何も考えずに「ケン」と道を歩いていると、何だか仕事で溜まったストレスのあれこれがスーッと両耳から垂れ流しになっていくようでなんだか気持ちが良いなあと思います。



 帰宅後、そのまま家の掃除機掛けを丹念に...。一生懸命に掃除機を掛けているとすっかり汗ばみます。

 そのまま筋トレ。ちょっときつめの負荷を掛けて一生懸命にトレーニング。走れなかった穴埋めです。



 朝ランが中止になると、空いた時間がそのまま家事、ゆとりの時間になるので、野垣家的にはたまに雨が降った方が良いのかもしれません。



伊丹の方まで朝ラン

 10月10日。水曜日。

 昨日は企業防衛のKIBO会の研修と懇親会に出席。21時頃に帰宅できたので、早々に就寝。お陰で目覚めも快調。

 本来はTKC近畿大阪会の秋期大学のオープンゴルフコンペなんですが、先週辺りから腰痛でゴルフの様な捻る動作が辛いので不参加とさせてもらいました。お陰で今日は事務所で仕事という事になりました。また、不思議な事に走る動作には腰痛は直接関係が無いみたい(やっぱり体を捻るような動作があまり入っていないからなんでしょうか。)なんで無理しない程度のスピードでランニングは続けています。

 6時に起床。昨夜は私も嫁さんもKIBO会の懇親会でアルコールを飲んでいたために車で帰宅ができなかったので、ランニングのついでに池田駅前にある事務所に止めてある車を取ってこないと義母さんをデイサービスまで送っていけないという事でランニングコースを大きく変更。

 いつもは自宅を出てそのまま巡礼街道を東に2~3km走っている途中でコースが色々と分かれるのですが、今日は西に向いて五月山の丘陵を駆け下る形で走り出しました。池田城址を経て栄町商店街に出たところで事務所の鍵を忘れた事に気付き、そのまま帰宅。この時点で3kmほど走っていました。

 再び自宅から栄町商店街を通り過ぎ、阪急池田駅から阪急電車沿いを西進して猪名川に突き当たり、そのまま猪名川の河原をずっと伊丹の桑津橋までずっと南下して最終的に事務所まで折り返しました。距離にして15.5km。

 暑くも寒くも無く、湿気も無し。走りやすい気候の中を気持ち良くランニングしました。ペースは思ったほど上がらず総平均ペースで6分/km。まあ、ユルユルのランニングペースで気持ち良く走り続けた感じです。

 猪名川の河原を走っていると、吹く風が心地良く、このままいつまでも走って行きたい感じにかられました。まあ、今日はウィークデイ。そんな事は出来ないのは分かっているのですが。

 事務所に停めてある車に乗って帰宅して、そのまま朝風呂。朝食。新聞。朝ランを済ませて、自宅でゆっくりしているこの小一時間ほどの時間が一番心安らぐ瞬間かもしれません。



 今日は、ゴルフコンペを休んだお陰で事務所で終日デスクワーク。あれこれと積み上がっている仕事を片付ける絶好の機会になったので、終日馬力を掛けて仕事を片付ける事とします。
 
 

週初めの朝ラン

 10月9日。火曜日。

 3連休が明けて、今日からウィークデイの始まり。

 6時前に起床。とりあえず何も考えず習慣的に着替えを済ませて朝ランスタート。

 庭にある金木犀の香りも旬の時期が終わったようだ。毎年、楽しみにしているのだが、これが終わるといよいよ秋が深まる感じがする。

 今日は快晴。暑くも寒くも無く、ランニングには最高の環境。

 が、走り出してみると身体が重く、ペース上がらず。

 出始めの2~3kmは6分半~7分/kmのユルユルペース。走っている間に徐々に気持ちもランニングの調子も上がり出し、後半は5分40秒~6分/kmまでペースも上がる。何でも辛抱して実際にやり出してみるとジワジワと調子と言うものは上がってくるものだ。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 とりあえず朝のルーティンを終わらせてホッとひと息。

 朝一からテンションを一気に上げて、仕事も頑張れそうな予感。

飛行犬 撮影

飛行犬 ダウンサイズ
 10月8日。月曜日。

 今日は飛行犬写真家の的場さんにお願いをして、「ケン」のベストショットを摂ってもらう一日。

 10時に淡路島の南部にあるドッグランで撮影です。

 動物を被写体にした写真というのは難しいもの。特に「ケン」は自分勝手。飼い主の命令など露知らずのgoing my wayですから、カメラの方を向けと言っても聞いてくれる筈もありません。

 まあ、おやつで釣ったり、遠方から声掛けして興味を引き付けたり、ボールを投げてみたり...。それを超望遠のカメラの連射機能を駆使して偶然のベストショットを狙うのですが、まあたいへんでした。

 あれは素人ではなかなか難しいと痛感です。

 「ケン」もいつの間にか8歳。犬の世界で言えば中年です。また体格も13kg前後が標準の柴犬の中にあって図抜けてでっかくって16kgになっていますから、昔ほどの俊敏さはありません。まあ、それでもそれなりに一生懸命に走ってはりましたが...。

 お互いに年寄りになると色々な意味で厳しいのう。

 1時間ほどでノーリードの状態でベストショットを狙う撮影を終え、その後は淡路島の景色の良い場所で、リードを付けた状態で撮影をする事に。

 慶野松原の海辺、淡路花さじき公園、さらにその昔に花博が開催された国営明石海峡公園を回って、綺麗な背景を選びながら撮影を続けて15時過ぎに終了しました。

 天気が良くって撮影には申し分なかったのですが、直射日光を浴び続け、撮影のサポートもあってグッタリと疲れました。

 さすがに的場さんは動物写真家(犬を専門に取っておられます。何と24,000頭以上撮って来たそうです。)だけあって、撮影場所の決定や機会を逃さず瞬時に撮る間合いは最高です。ほとんど迷いが無いというのか...。素人がいくら一生懸命に見たところで、何が凄いのか上手く表現できないのが残念です。

 3連休の最終日で帰路の高速道路が混みそうだったので、淡路SAでお土産こそあれこれと買い込みましたが、寄り道をせずそのまま帰阪。

 そこそこ混み合っていましたが、新名神を使って混雑をかわしたので17時半過ぎに池田の街に戻ってきました。

 たいそう疲れましたが、家族4人と「ケン」で久々に丸一日どっぷりと楽しめた一日になりました。ありがたや。ありがたや。
 

旅先で朝ラン

 10月8日。月曜日。

 3連休の最終日。今日は「ケン」の写真撮影の日。

 6時に起床。そのまま昨夕走った淡路島北部の山稜を忠実にトレースしていくアップダウンのきつい道をランニング。8時から朝食という事で、それまでに朝風呂を済ませて...なんて事を考えて8kmでランニングを切り上げました。

 昨日はそこそこペースも速めで距離的にも頑張って合計20kmを走ったので、今日は流しでゆっくりラン。

 調子が良かろうが悪かろうが、最低限の距離と言うものは踏んでおかないとランニングの調子は上がって行きません。とりあえず旅行先でも休まず走り続けるのが大切。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR